印刷版   


NY市場でドル下落、公定歩合引き下げで利下げ観測広がる

 ニューヨーク外国為替市場で、ドルが主要通貨に対して下落。米連邦準備理事会(FRB)はこの日公定歩合を0.50%ポイント引き下げ、クレジット市場のタイト化に伴い米経済が減速する可能性があると指摘した。市場ではFRBが今後政策金利も引き下げに踏み切るとの観測が広がった。

 ユーロ/ドルは0.5%高の1.3485ドル。

 主要6通貨に対するNY商品取引所(NYBOT)ドル指数は0.44%安の81.371。

 ドル/円は114.28円とほぼ横ばい。ユーロ/円は0.42%高の153.99円。

 円キャリー取引の巻き戻しを背景に、ドル/円は週間ベースで今年3月以来の下げ幅を記録した。

 ニュージーランドドルは対円で10%下落し、豪ドル/円も一週間で9.6%下げ、1998年10月以来の下げ幅となった。

 ユーロ/円の週間ベースでの下げは約5%で、過去4年間で最大。

 JPモルガンのアナリストは、調査リポートの中で、日本の個人投資家による円の売りポジションが今週に入って半減したと指摘した。13日時点で6兆9000億円だったショートポジションが一週間で3兆3000億円になったという。

[ニューヨーク 17日 ロイター]

 (07/08/18 14:05)  





■関連文章
  • 主要7カ国財務相、10月G7に先立ち会合も(07/08/17)
  • 円が幅広く急伸、対ドルでは一時113円台に=欧州外為市場(07/08/16)
  • ペルーでM7.7の地震、周辺国含め津波警報発令(07/08/16)
  • ファンドマネジャーのリスク回避姿勢強まる=調査(07/08/16)
  • 情報BOX:各国中銀による市場への資金供給(07/08/13)
  • 中国の米ドル資産売却発言、背景に中共上層の内部抗争か(07/08/13)
  • 男性必見!妻の心をつなぎとめる秘策10傑(07/08/10)
  • 香港強制送還の被害者ら、米議会の円卓会議で証言(07/08/05)
  • 米上院銀行委員会、人民元改革促す法案を可決(07/08/02)
  • 自民大敗で海外勢が株売り、円高との連鎖安には一応の歯止め(07/07/30)
  • 米上院財政委、中国を念頭に置いた為替法案を可決(07/07/27)
  • 英国:シェークスピアの故郷、UFO出現で数百人が騒然(07/07/27)
  • 中国:人民元を3・5%大幅切り上げか(07/07/26)
  • 人民元が切り上げ後の最高値、米財務長官訪中控え(07/07/25)
  • 7・20ワシントンモニュメント、キャンドルを手に迫害犠牲者の追悼式(07/07/22)