印刷版   


FRBとECB、市場を落ち着かせる措置取るべき=ノーベル経済学者

 2006年ノーベル経済学賞受賞者の米コロンビア大学教授エドモンド・フェルプス氏は、各国中銀が政策をインフレ抑制から投資家の不安軽減に移行させないと、世界市場の混乱が経済成長を抑制するとの認識を示した。 

 当地で開かれている会合に出席しているフェルプス氏は「クレジット市場で現在みられることは、経済活動にとり非常に悪い。これが継続するとマイナスの影響になるだろう」としたうえで、「この状況が即時でなくても、非常に近い時期に終了することが見込まれることから、これが成長を阻害するとは考えない」と述べた。

 米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)が実施している資金供給について、インフレを煽る可能性があるものの、中銀が他にできることは限られていると指摘。

 「長期的なことは忘れ、金融市場で高まっているパニック感に対処しなくてはならない状況だ。中銀は現在、何もできない状況にある」と述べた。

 フェルプス氏はまた、クレジット収縮による経済減速を回避するため、FRBやECBが利下げを余儀なくされる可能性を指摘。「金融政策がやや緩和的になると考える。ECBが利上げの可能性について協議していることはやや驚きだ」とした。

 さらに、FEDの措置以降、株・債券市場での反応は流動性への懸念が解消されていることを示しており、恐らく抑制されるとの見通しを示した。「数週間以内に、確実に数カ月以内には秩序が市場に戻って来ると推測する」と述べた。

[カンポス・ド・ジョルドン(ブラジル) 23日 ロイター]

 (07/08/24 09:03)  





■関連文章
  • ASEAN経済相会合、FTA締結を優先事項に=フィリピン当局者(07/08/23)
  • 台風「セーパット」一過、被災者458万人死者20人=中国南東部(07/08/22)
  • インタビュー:世界経済の悪化リスクに警戒感、8月利上げは見送りか=平野・元日銀理事(07/08/22)
  • 各国中銀の資金供給は適切、世界経済の見通しは良好=IMF専務理事(07/08/21)
  • 中国の環境汚染、危険の臨界点に達する=中国当局(07/08/21)
  • 「年金、医療保険、エイズ」、中国が抱える三つの時限爆弾=米経済学者(07/08/21)
  • NY市場でドル下落、公定歩合引き下げで利下げ観測広がる(07/08/18)
  • 主要7カ国財務相、10月G7に先立ち会合も(07/08/17)
  • ファンドマネジャーのリスク回避姿勢強まる=調査(07/08/16)
  • 米マテルが中国製がん具を再び大量回収、株価下落(07/08/15)
  • 中国一の超高層ビル、建築現場で火災発生=中国上海(07/08/15)
  • 情報BOX:各国中銀による市場への資金供給(07/08/13)
  • 中国の米ドル資産売却発言、背景に中共上層の内部抗争か(07/08/13)
  • 中国で乳母論争(07/08/08)
  • 英口蹄疫:感染農場付近研究施設、ウイルス株流出の疑い(07/08/06)