印刷版   


ドル/円は一時113円台、1週間ぶり円高水準

 正午現在のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円高が進み、114円付近で取引されている。世界的な株安を受け、リスク回避に向けて円を買い戻す流れが続き、ドル/円は午前の取引で一時113.86円まで下落。20日以来、約1週間ぶりの円高水準をつけた。

 午前の取引では円が全面高となった。米株安を受けて円が買われた前日海外市場の流れを引き継ぎ、一時前日比400円を超える下げとなった日経平均株価などアジア株の下げを手掛かりに、リスク回避に向けた円買いが進んだ。

 ドル/円は前日海外の高値115円半ばから下落が続き、午前の取引で一時113.68円と2円近く円高が進行。これまで上昇の著しかったクロス円も円高は急速で、ユーロ/円は同158円付近から154円半ばまで3円半、英ポンド/円は232円後半から227円前半へ5円超、豪ドル/円は95円半ばから91円後半まで3円強、NZドル/円は82円半ばから78円前半ばまで5円超の円高が進んだ。

 株安を手掛かりとするリスク回避の動きは、円買いと同時に高金利通貨の下げにもつながった。豪ドルやNZドルは対米ドルでもほぼ1週間ぶりの安値をつけた。

 この日の市場では、野村アセットマネジメントの「野村世界高金利通貨投信」と「野村アクア投資」の投信設定が参加者の関心を集めた。一部では設定に伴う円売りが強まるとの期待もあったものの、円がじりじりと上昇を続けたことで「それだけ(ドルやユーロなどの)上値が重いということ」(邦銀)との声が上がった。高金利通貨投信は設定上限1100億円に対して993億円、アクア投資は同為替ヘッジのないコースで同1100億円に対し867億円を集めた。

 正午現在のクロスレートは、豪ドル/円が92.04/14円、スイスフラン/円が94.83/88円、ポンド/円が227.98/10円。

 きょうの予想レンジは、ドル/円が113.50―114.50円、ユーロ/ドルが1.3550─1.3600ドル。

[東京 29日 ロイター]

 (07/08/29 12:49)  





■関連文章
  • ポケモン人気衰えず、ドル箱化し活況な関連ビジネスも(07/08/23)
  • NY市場でドル下落、公定歩合引き下げで利下げ観測広がる(07/08/18)
  • 円が幅広く急伸、対ドルでは一時113円台に=欧州外為市場(07/08/16)
  • ペルーでM7.7の地震、周辺国含め津波警報発令(07/08/16)
  • ファンドマネジャーのリスク回避姿勢強まる=調査(07/08/16)
  • 情報BOX:各国中銀による市場への資金供給(07/08/13)
  • 中国の米ドル資産売却発言、背景に中共上層の内部抗争か(07/08/13)
  • 米上院銀行委員会、人民元改革促す法案を可決(07/08/02)
  • 自民大敗で海外勢が株売り、円高との連鎖安には一応の歯止め(07/07/30)
  • 米上院財政委、中国を念頭に置いた為替法案を可決(07/07/27)
  • 中国:人民元を3・5%大幅切り上げか(07/07/26)
  • 人民元が切り上げ後の最高値、米財務長官訪中控え(07/07/25)
  • 7・20ワシントンモニュメント、キャンドルを手に迫害犠牲者の追悼式(07/07/22)
  • 中国による人民元上昇容認の遅れにいら立ち=FRB議長(07/07/20)
  • ドイツ西部で空から紙幣が舞い落ちる(07/07/06)