高智晟・中国人権弁護士:人権侵害の北京五輪、オリンピック精神を蹂躙

2007年09月03日 06時03分
 【大紀元日本9月3日】中国人権弁護士・高智晟氏=写真=は、来年五輪が中国で開催されるのは、これまでに培って来た五輪精神の公然とした解体と蹂躙だと批判した。高氏は、2007年に米国「勇気ある弁護賞」および

オーストリア「ブルーノ・クライスキー人権賞」を受賞した。

 米「希望の声放送局」によると、高弁護士は、中国政府は五輪の無事開催を理由に、人々を拘束や強制連行する動きは早くからも始まっていると指摘した。高弁護士は「私が把握している事実状況によると、五輪が無事開催できることを理由に、多くの民衆は早くから拘束されている。西安の風西峡(音)さんはその理由で強制連行された。2人の子供は家を離れ路頭をさ迷っているのだ。黒竜江省でも、これまでに私を支持し、人権活動に参与した者で、『要るのは人権、五輪はいらない』と声を上げた民衆が拘束された。上海、北京などもそうだ。例えば、もっとも典型的な例は葉国柱さんと葉国強さん兄弟が『五輪の需要』の名義で逮捕されたのだ」と指摘した。

 *五輪の名義で、オリンピック精神を蹂躙

 高弁護士は、「五輪を無事に開催させるために、無実の中国人の自由が剥奪されるようであれば、このような五輪はモラル基盤がなく、繁栄を展示する正当性もないのだ。ましてや、五輪開催のために、世論をけん制し、報道を統制し、ウェブサイトを封鎖し、真実を語る大量の人々が暴力団のようなやり方で警察に尾行され、取り囲まれ、迫害を受けることは論外だ。五輪開催のカウントダウンが進むにつれて、中国当局の開催に向けての執念深さは、これまでの我々の経験によると、人間性、尊厳および五輪自身が象徴するものを含めて、人類文明が尊重すべきものすべてを犠牲にするのだ。このような形で開催する北京五輪は、五輪精神に対する最大の風刺だ」と指摘した。

 *血まみれの五輪を支持する者、全員が殺人犯

 高弁護士は「人々は今、もうここまでやって来たから、そのままやり通すしかないという心理状態で我慢している。しかし、それは我々が必要とするものだろうか。本当にたくさんの人の自由、尊厳、人間性、しいては生命を犠牲にする前提で五輪を開催するのか。人の命を奪う新しい悲劇は、すべて五輪を確保するためだと言っている。今は、中国ですべてを回避し、五輪開催を確保しようとする人たちは、中国人であれ外国人であれ、全員が殺人犯だ」と非難した。

 *自由の中国で開催される五輪が、すべての中国人の夢

 高弁護士は「1人の中国人として、我々は心の底から、平和で自由の中国で開催される五輪を望んでいる。しかし、何の変化もないままに、来年の五輪が中国で開催されれば、五輪は中国人にとって恨みの対象となる」と強調した。

 
(翻訳・豊山)


関連キーワード

関連特集

^