印刷版   

10月9日、米コーヒーチェーン大手スターバックスは中国製の子供向けプラスチック製コップ25万個をリコールしたことを明らかに。写真は、2004年1月に撮影した同社のロゴ(2007年 ロイター/Charles Platiau)(ロイター)

米スターバックス、中国製の子供向けコップ25万個を自主回収

 米コーヒーチェーン大手スターバックス(SBUX.O: 株価, 企業情報, レポート)は、中国製の子供向けプラスチック製コップ25万個を自主回収(リコール)したことを明らかにした。このコップが割れ、破片がのどにつまる事故が発生したとの報告を受けたことが理由だと説明している。

 同問題によって負傷者が出たとの報告は受けていないという。

 スターバックスによると、このコップが割れたとの7件の報告を受け、うち2件でその破片が子供ののどに詰まる事故が発生したという。

[9日 ロイター]

 (07/10/10 11:59)  





■関連文章
  • 中国製ベビーベッド、乳児死亡事故でリコール=米国(07/09/24)
  • 米スターバックス、独自の音楽レーベルを設立(07/03/14)
  • ソニーの06年度ゲーム事業赤字2000億円に倍増、電池回収は960万個(06/10/20)
  • ソニー、自社製PCの電池を自主交換(06/10/18)
  • 東芝、ソニーに対しPC用電池回収などで損害賠償請求を検討(06/10/16)
  • 米国:中国製ベビー玩具椅子61万脚、緊急回収(06/01/22)