中国浙江:休学中の大学生 、ネットゲーム事業で10億元稼ぐ

2007/10/25 10:01
 【大紀元日本10月25日】2年前に休学手続きした中国浙江理工大学の学生がネットワークゲーム事業に参入し、23歳の若さで人民元10億(160億円)の富を手に入れた、よって「大学生+休学+創業+ネットゲーム」が中国若者のあこがれとなった。

 香港「東方日報」の報道によると、浙江紹興人・金津は5歳からコンピュータ(テレビ)ゲームが好きで、中学校三年の時にネットワークゲームを始めた、その時から自らネットゲームを開発して創業を決めたという。

 金津が初めて儲けた金もゲームと関係がある。他の4人とチームを組んでコンピュータ(テレビ)ゲーム戦に参加して、チームは1千5百元の賞金を手に入れた。

 2003年に彼が浙江理工大学情報管理学科に合格した後、ゲームの商業応用研究を始めた。最初に5千元(8万円程度)を投資して、ゲームカードとデバイスを購入、ネットで高く売って差額を稼ぐ。当時需要量が高かったため、利益は高く、いきなり百万元(1600万円)近く儲けた。

 2005年に彼は休学することにした、父親の了解を得て創業した。杭州でネットワーク技術会社を創立し、ネットワークゲーム開発に従事した。創業の初めは、節約するため、会社のメンバーはいつもインスタントラーメンばかり食べていた、出張する時には、20元の交通費を節約するため、計算に計算を重ねた。

 現在、この会社が開発した3Dゲーム「天機」はすでにネット上で運営の軌道に乗った。そして東南アジア市場に進出している。金津の話によると、次の重点は北米市場であるという。億元の収入を達成するのはあまり難しくないような口ぶりだ。会社が開発している第二弾のゲームも年末にリリースの予定である。

 2年間の努力の結果、会社の従業員数が3百数人に上った、浙江省では最も大きいネットゲーム企業になった。国際投資リスク組織は今年、この会社に対して10億元近くの価値があると評価した。

 金津は、来年あたりに上場する考えを示した。会社を中国および世界では一番大きいネットゲーム会社にする夢も語った。

 
(翻訳・侍傑)


関連記事
注目記事
^