体重30キロの拒食症モデル広告に、賛否両論=イタリア・ミラノ

2007年10月02日 01時00分
 【大紀元日本10月2日】先月24日、イタリアの掲示板広告や新聞に、体重30キロの女性のヌード写真が掲載されて話題となった。仕掛け人はイタリア人写真家のオレビエーロ・トスカーニ氏で、スリムな女性を賞賛する傾向にあるファッション業界に警告するためだという。広告のスポンサーである服飾ブランド「Flash & Partners」は、拒食症の女性のヌードを起用することでこの病気の悲惨さを知らせ、「ファッション業界が押し付ける『典型的なイメージ』がこの病気と関係していることを見せたい」とコメントした。

 ミイラのように細い肢体でポーズをとったのは、フランス人のイザベル・カーロさん(27)。カーロさんは、身長165cm、体重は31キロしかなく、拒食症を患って15年、その間体重が減少する度に入院してきたという。カーロさんは、自身の写真が人々の反感を買うかも知れないと分かっていたが、やはりこの宣伝ポスターの仕事を引き受けることにしたという。この機会を利用して、人々に、特に若い女性に「ファッションの陰に隠れているもの」を分かってほしいと述べ、「痩せることは死を招く、痩せることは決して美しくない」と語った。

 アルマーニ氏「病気とファッションの関連性はない」

 多くの機関が、摂食障害の原因は、痩せすぎを追求するファッション業界にあるとする一方、ミラノの有名デザイナーたちはその意見に賛同していない。

 ジョージ・アルマーニ氏は、ショッキングなイメージを宣伝に使うことは、拒食症の恐ろしさを人々に警告するのに「適切」だとする一方、「拒食症とファッションは何の関係もない。ファッションに気を使わない人であっても、この病気にかかることがある」と述べ、病気とファッションの因果関係を否定した。

 また、デザイナーのドミニコ・ドルチェ氏とステファーノ・ガッバーナ氏も、「拒食症は、ファッションとは何の関係もなく、精神的問題であるということを最後には誰かが証明してくれるだろう」とコメントした。

 近年、極端なダイエットで痩せすぎのモデルが死亡するという事件が相継いで起っている。

 去年、モデルのルイゼル・ラモスさんは、ウルグアイで開かれたファッションショーの最中に倒れ、心臓発作で死亡した。彼女は、ショーが始まる3ヶ月前からほとんど食事を摂っておらず、死亡時は身長175cmに対して体重は44.5kgしかなく、BMI値は14.5だった。世界保健機構によると、BMI値が16で飢餓状態と言われている。彼女の妹でモデルのエリアナ・ラモスさんも今年2月、18歳の若さで栄養失調が原因と考えられる心不全で亡くなっている。

(翻訳/編集・侍傑、田中)

関連キーワード
^