中国商務部長・薄煕来を告訴した法輪功修練者、豪州で勝訴

2007年11月12日 12時43分
 【大紀元日本11月12日】豪州ニューサウスウェールズ州の高等裁判所は11月5日、シドニー在住の中国人法輪功修練者潘宇さんが拷問の罪で中国商務部部長・薄煕来を起訴し、被告人欠席のまま審理が行われ、原告側勝訴の判決を下した。
原告の代理弁護士助手・牛頓と、証人の劉雅琴さんが判決文を示す(大紀元)


判決後の集会で発言する原告の潘宇さん(大紀元)



 潘宇さんは2000年法輪功修練を堅持したため、遼寧省龍山・強制収容所に監禁された。その間、様々な拷問・虐待を受け、4万ボトルの電気棒で電撃され、一時は危篤状態に陥った。

 中国商務部部長・薄煕来は、遼寧省長在任中に法輪功修練者を監禁する専門の大型刑務所を積極的に建設した。そして彼らの信条を放棄させるために洗脳・拷問を指揮し続けた。生きた法輪功修練者からの臓器強制摘出が最初に告発されたのも、省内の病院である。2004年4月19日までに、省内で拷問により死亡した修練者は、確認取れただけで103人に上り、全国4位である。

 今年9月4日、薄煕来部長がAPEC首脳会議に出席する際に、法輪功修練者が彼に本訴訟案の訴状を直接渡した。10月8日の法廷審理で、原告弁護士の関連証言が採用された。一方、被告人の薄煕来部長は出廷せず、如何なる対応も示さなかった。そのような状況において、被告人欠席のまま審理が行われ、11月5日の二度目の法廷審理で、被告人薄煕来敗訴の判決が下された。

 ニューサウスウェールズ州の法輪大法佛学会の趙会長は、今回の判決結果を歓迎する姿勢を示し、本案の勝訴は、中国国内で監禁されている数十万人の法輪功修練者への激励であり、迫害に参加する警察や当局の幹部への警鐘でもあると指摘した。

 
現地の法輪大法佛学会のスポークスマン、判決後の集会で発言(大紀元)

薄煕来部長は豪州のほか、米国や、カナダ、英国、スペイン、ニュージーランド、スイス、ドイツ、アイルランド、ロシア、韓国など十数カ国で、法輪功修練者に訴えられている。現在、迫害に参加する中国当局の幹部を告訴する訴訟案は全世界で計47件。米国では、劉淇(北京市元市長)、夏徳仁(遼寧省元副省長)、趙志飛(湖北省公安庁元トップ)を告訴する訴訟案についても、原告が勝訴した。カナダでは、中国大使館の副総領事・潘新春を誹謗の罪で訴えた訴訟も、原告の勝訴が確定。

 上記の趙会長は、これらの訴訟を介して国際社会が中国当局による法輪功迫害の深刻性を十分に認識し、迫害の真相を調べ、早急にこのジェノサイド犯罪を制止するよう呼びかけた。

  (記者・ローナ、欣宇翻訳/編集・叶子)

関連キーワード
^