「奥運(オリンピック)さん」、3491人=中国

2007/11/11 10:33
 【大紀元日本11月11日】中国の最新統計によると、2008年開催の北京オリンピックちなみ、中国語で「オリンピック」を意味する「奥運」を名前につけている人が3491人いることがわかった。圧倒的に男性が多いという。

 「北京日報」によると、中国の国民身分証番号照会サービスセンターのデータで、中国語で「オリンピック」を意味する「奥運」という名前の人が3216人いるという。うち男性が3216人、女性が275人、北京は6人いる、ほとんど2000年に北京がオリンピックを招致した時期に生まれた人である。

 専門家は 来年開催するオリンピックまでの間、「奥運(オリンピック)」という名前の新生児が多くなる可能性があると分析した。

 その他の統計によると、四千人の名前はオリンピックのマスコットと同じであることがわかった。「貝貝」880人、「晶晶」1240人、「歓歓」1063人、「迎迎」624人、「妮妮」642人

 専門家の話によると、現在中国人の名字は4100種類あるという。一部の名字があまり使われなくなったので、消えつつあり、中国人の同姓同名の確率は高くなっている、同姓同名で起きる問題はすでに戸籍管理、郵便・電信通信、銀行貯金、医療保険などの業界に影響が出たという。

 
(翻訳・侍傑)


関連記事
注目記事
^