中国広東省:食費の暴騰に抗議、従業員数千人と警察衝突

2007年12月01日 12時20分
 【大紀元日本12月1日】広東省東莞市厚街鎮愛高電子工場の従業員ら数千人は11月27日、工場側が勝手に食費を大幅に引き上げたことに抗議しストライキを行った。これに対して、千人近い警官と警察犬数十匹が動員され従業員らと衝突、警察犬は従業員を襲い、警官が警棒で従業員を殴打したため、何人もの従業員が連行された。

 従業員によると、ストライキは28日まで続いたという。盾およびヘルメットで完全装備した警官数百人が工場周辺の通路を塞ぎ、ストライキを行った従業員を工場に強制的に押し戻したと訴えた。さらにグループに分けて、工場の各フロアに進駐し、棍棒を使い従業員の頭部を叩くなどして、従業員に労働を強いた上、従業員十数人を連行したと明かした。

 従業員の沈さんは、「警察は悪者同様だ。女性従業員も警官らに警棒で殴られ、足げりされ、顔中血だらけになった人もいれば、殴られて床に倒れて動けなくなった女性もいた」と語った。









 また、従業員の黄さんによると、11月22日に会社側が、食費を30%以上引き上げた通告を発表したことから、従業員の不満が募り、会社へ交渉を求めたが無視されたのがストライキの原因だという。同月28日午前、従業員は再び合理的な解決法を求めたが、会社側は応じなかったため、ストライキに突入したという。

 黄さんは「食費の暴騰だけではなく、工賃が低く、労働環境も良くない。16人が1つの小さい部屋に詰められるし、喉を通らないほどのまずい食事をし、ひどい生活条件を忍び続けたことから、従業員らは、会社側の横暴なやり方に怒りが爆発したのだ」と訴えた。

 沈さんによると、「工賃が低いため残業が当然で、立ちぱっなしで毎日十数時間働き、倒れた従業員もいる」と言う。





 盾など完全装備した数百人の警察は11月28日、ストライキを続けた従業員を工場内へ強制的に追い込んだ。警察は従業員の頭を殴る、けるなどの暴行を加え、十数人を連行した。従業員によると、会社側から食費値上げの決定を取り下げなければ、ストライキを続けるという。

 (記者・辛菲、翻訳/編集・余靜)

関連キーワード
^