AFP社:最も印象的な写真2007(1)

2007年12月15日 13時59分
 【大紀元日本12月15日】AFP通信はこのほど、2007年もっとも印象的な写真を選出した。2007年に発生した国際的にホットなニュースを中心に、スポーツ、自然災害および環境など、目を見張る瞬間をとらえている。
2007年11月3日、パキスタンのムシャラフ大統領が緊急状態を発令後、ラホールにてクーデータが発生した。写真は11月5日、パキスタン人弁護士が警備警察に向かって催涙弾を投げ込んだ(AFP PHOTO/Arif ALI)


2007年10月21日、パキスタンのベーナズィール・ブット前首相はカラチに戻ったときに地元で自爆テロに襲われた。写真は、祈りの儀式で支持者に挨拶(AFP PHOTO/AAMIR QURESHI)


2007年10月14日、インドのムスリムのクルバーン祭で、デリーのモスクに集まった人々(AFP/MANPREET ROMANA)


2007年1月18日、仏北部の港で暴風による高波が発生し、イングランド北西部では1人が死亡(AFP PHOTO PHILIPPE HUGUEN)


2007年6月12日、バングラデシュのジダ港は土石流に見舞われ、地元の救急隊は土石流の中から被災者を救出している(AFP PHOTO/RUKUNIS)


2007年7月25日。米国82パラシュート部隊第2大隊アルファ隊の兵士は戦場用ジープに乗り、アフガニスタン政府軍兵士はカブア西南訳200キロメートルを離れたジャチニ州にて共同作戦を行った(AFP PHOTO/ Nicolas ASFOURI)


2007年7月25日、森林火災の消火活動で大量の水を放出する飛行機。欧州東南部は異常の高温に見舞われ、火災が頻発した(AFP PHOTO / ANTONIO TACCONE)


2007年7月24日、仏大統領専用機にて首都ソフィア空港に到着したブルガリア人看護士のバリア・チェレヴニアシュカさんは、空港で家族親戚と団欒。ブルガリア人医療職員らはリビア政府に、児童にエイズ・ウイルスを感染させたとして提訴された(AFP PHOTO / DIMITAR DILKOFF)


2007年7月21日、洪水に覆われた自宅付近にある球場を横切る男の子。7月20日、英国一部地区は暴雨・洪水に見舞われた(AFP PHOTO/Leon Neal)


2007年7月1日、インドのボンベイ港で、高波を見物する地元の民衆(AFP)


2007年10月22日、米ファーストレディーのローラ・ブッシュ氏はアラビア酋長連邦の首都アブダビのある医療看護センターで、乳がん患者と座談会を開いた(AFP PHOTO/Karim SAHIB)


2007年9月16日、バグダッド東北、イラク人の母親が、バスの中で銃撃戦の流れ弾を受けた亡くなった6歳の息子に向かって呼び起こそうとしている (AFP PHOTO/STR)


2007年8月5日、バグダッドより60キロを離れた場所で、米国兵士はM249自動小銃を持って人道主義援助を求めるイラク難民と対峙している(AFP PHOTO/MARWAN NAAMANI)


2007年8月14日、ベイルート南部郊外で、イスラエル戦争1周年記念日に、イスラム教シーア派の政治組織とレバノンのヒズボラ党指導者ハサ・ナスルラ氏の画像がビルの上の大画面に現れた(AFP PHOTO/MARWAN NAAMANI)



 
(翻訳/編集・余靜)


関連キーワード
^