THE EPOCH TIMES

【神韻芸術】米アトランティックシティ初公演で政界要人が称賛

2008年01月05日 17時32分
 【大紀元日本1月5日】12月28日夜10時、演目『鼓韻』の鳴り響く太鼓の音の中で、米国ニュージャージー州アトランティックシティ、シーザーズ・パレスのサーカス・マキシマス劇場における神韻芸術ホリデー・ワンダーズ初日の幕をおろした。アトランティックシティでは3日間5公演であるが、スター揃いの神韻ニューヨーク芸術団の巧みで完璧なる公演は、観光地として有名なこの都市の観客から絶賛を博し、地域の政界要人から褒賞を受け、メディアも大いに関心を寄せた。

 公演の主催側は、ニュージャージー州知事や下院議員から祝賀状と褒賞を受けた。開演前、アトランティックシティのスコット市長は劇場に臨み、新唐人テレビに褒賞を授与した上、12月28日から30日を「アトランティックシティのホリデー・ワンダーズ・ウィークエンド」と宣告した。

 この公演に対し、地域の主流メディアは強い関心を寄せ、継続的に紹介していた。アトランティックシティの至るところでホリデー・ワンダーズの大型広告が目に入り、市の旅行局とサーカス・マキシマス劇場はそれぞれ市のホームページでこのホリデー・ワンダーズを大々的に紹介している。
12月28日午後10時、演目「鼓韻」をもって2時間に及ぶ公演が幕を降ろした(大紀元)


ニュージャージー州アトランティックシティのサーカス・マキシマス劇場(大紀元)



 ニュージャージー州知事の祝賀

 ニュージャージー州知事コージン氏は新唐人テレビに祝賀状を送り、新唐人テレビ主催神韻ホリデー・ワンダーズ公演を祝った。祝賀状の主な内容は次の通り。過去5年間、新唐人テレビと神韻芸術団は優雅で古典的な東西文化を融合させ、全世界で祝日の新しい伝統を切り拓いた。アトランティックシティは今年、この公演を迎え、文化が異なる市民たちがこの公演を鑑賞することができることを、非常に喜ばしく思う。このホリデー・ワンダーズは、脚色・演出や衣装や天幕などによって、中国伝統舞踊および伝統文化の精華を表し、善良さと素晴らしさを伝えている。この公演は中国文化の伝統を表現することでわれわれの市民生活を豊かにすると共に市民間における東西文化の相互理解を促進するものである。

 舞踊の背後に自律と哲理

 劇場の観客サービスセンター社長バノスター氏は公演を鑑賞した後、この公演は非常に優れており、音楽や舞踊や衣装や造型や舞台装置やスクリーンなどあらゆるものが美しい。しかも、演目の背後に有意義な物語や精神上・信仰上のものもあるし、寛大で慈悲なる心があると賞賛する。

 クリスチャンでバノスター社長は、舞踊『立ち昇蓮華』がもっとも好きだと言う。この舞踊は公演の中でとても典型的な演目の一つであり、それは無私奉仕する精神を人々に紹介し、なお寛大で慈悲なる心がある。

 バノスター氏はまた、われわれ西洋の舞踊は踊りのみで、中には物語がない。しかし、この公演は西洋のものと異なり、舞踊の中に紀律や自律もあるし、背後には素晴らしい物語もあるのである。これは西洋舞踊ともっとも異なるところだ。「私たちは舞踊を通して人々に哲理を告げるというやり方が非常に好きである」と語った。

 
劇場観客サービスセンター社長バノスター氏(右)と従業員クレイトンさんが公演を絶賛する(大紀元)

舞踊『立ち昇る蓮華』は、中国で法輪功学習者が信仰を堅持するために中国共産党により監獄に入れられ迫害を受けたことを物語る。ある修練者は、この修練者の仲間に加えられた酷刑や虐待をやめさせようと仲間を守ったために警察の殴打により亡くなった。仲間たちは、彼女の死を悲しんでたまらなかったところ、神仏は彼女たちに他の空間の神聖で素晴らしい景色を見せた。亡くなったその修練者は神仏の導きにより天国へと立ち昇り、そして厳かな仏果を得たのである。それで、光明は牢屋の闇黒を突き破り、正念は生存者の信念を固めつつ邪悪の迫害に勝つことを励ましている。

 軽快で有効な教育方式

 劇場の観客サービスセンターの従業員クレイトンさんは、公演の最も独特なところは舞踊の背後に民間の物語や神話伝説などがあることだと言う。彼女は『善の一念で仏縁を結ぶ』という舞踊がもっとも好きだという。この舞踊は、色彩が美しく、軽快に、子どもたちに自分の言行を正すのを助けることができ、子どもたちにともてよい教育作用がある。そして、この教育方式は子どもに限らず大人にも適宜しているものと言う。

 ホテル経営者ナンシー・アイケンさんは、自身も子供もみなこの公演が好きで、すべての演目も美しく、音楽や衣装などはとても感動的であるという。より重要なのは舞踊の背後に物語と内包があることだ。これまでこれほど優れた中国文化の公演を観たことがない彼女は鑑賞後、心が穏やかで愉快である、と自分の心情を吐露した。これは子どもにとって、きわめて有意義な生きた授業だったと話した。
ホテル経営者アイケンさん:彼女と子供はみなこの公演が好きだ(大紀元)



 牧師イアン・ジョーンズ氏は、この公演は穏やかで和やかでとても好きだとコメントした。
ジョーンズ牧師:この公演は穏やかで和やかでとても好きだ(大紀元)



 眼前に真新しい世界が現われた

 コネチカット州からやってきた花園センター経営者バーナード・イッゾ氏は、演出は形象で直観的でともて精彩で美しい。これは、私が見た演出の中でもっとも優れた演出の一つで、音楽や衣装や舞踊などいずれも美しいし、あらゆる演目からもその背後にある意味を理解することができたと言う。
ネチカット州からやってきたイッゾ氏:演出はともて精彩で美しい(大紀元)



 人間として守るべき哲理と平和の真髄

 ホテル支配人ルバンティ・ガラさんは、この公演は衣装や舞台の色彩や音楽などはみなも美しい。ダンサーたちの踊りは非常に優雅で高貴である。その手振りやしぐさなどがみな美しい。それらはインド舞踊と似通っているところがある。彼らは人間として守るべき哲理、何が良いか何が悪いか、また人間として善を行いつつ徳を積むべきだと告げてくれたし、人類平和の真髄が善良と正義にあることも人々に告げてくれた。
ホテル支配人ガラさん(左):公演はともて美しい。(大紀元)



 演目の背後に無数のものがある

 レヤンス会社社長カミロ・レアル(Camilo Leal)氏は、演出は非常に優れており、他の演出と異なって非常に独特で意味のあるものであり、演目のどれもこれもその背後に見終えない何かがあるようだ、と感想を述べる。南米出身のレアル氏によれば、文化が異なっているにもかかわらず、だれもが、中国文化が大好きのようだ。それはただ中国文化が美しいからというわけばかりでなく、中国文化にある正なる」精神があるからこそ、異なる文化を有する人々からも受け入れられ、なお且つそれに従うことができるのである。
レヤンス会社社長レアル氏:演出は非常に優れ他の公演と異なる(大紀元)



 感性的でありつつも理性的

 ハーワードホテルのカウンター支配人トマス・ソチャ(Thomas Socha)さんは子供を連れて公演を鑑賞した。ソチャさんは、この公演は色彩がきわめて美しく、音楽も舞踊もとても優美で活力に富んでいるので、ソチャさんと息子はこの公演が大好きだとコメントした。
ホテルカウンター支配人ソチャさんは子供を連れて公演を鑑賞した(大紀元)



 ソチャさんは、この公演は他のものと異なっている。つまり文化的な味わいがあり、その中からきわめて感性的でありつつも理性的なものを感じたのだ、と感想を述べた。

 政府要人から褒賞、主流メディアから注目

 アトランチィックシティ市長スコット・エバンズ(Scott K Evens)氏は、ホリデー・ワンダーズを主催する新唐人テレビを称賛し、12月28日から30日を「アトランティックシティのホリデー・ワンダーズウイークエンド」と宣言した。

 市長は賞状で次のように褒賞の理由を述べている。新唐人テレビが主催するホリデー・ワンダーズは、右に出るものがない舞踊、驚嘆させられる衣装、想像力に富んだ舞台および精神的な主題をもって、最優秀なる中国の古典舞踊と伝統文化を現すとともに、純粋なる善と美を表出している。公演は観衆に東方文化を理解させるのみならず、アトランチィックシティの文化や経済の発展を健康的に推進し、異なる文化を有する民族間の包容を強めることにつながるものである。

 州議会副議長ユペンドラ・チブキュラ(Upendra J. Chivukula)氏が新唐人テレビに授けた賞状に、同議長・ジオセフ(Joseph Roberts)氏がサインし、新唐人テレビ主催のホリデー・ワンダーズを表彰した。賞状によると、新唐人テレビは数年来、主催した「中国新年祭」は人心を鼓舞し深い思考を啓発させ、全世界の観衆に感動をもたらしている。且つ、この感動は2007年12月18日から2008年2月9日までホリデー・ワンダーズおよび「中国新年祭」によって再度示される。

 政界要人の褒賞に合わせ、アトランティックシティの主流メディアも公演に関心を寄せた。これまで、紹介や論評などの記事は十数本も掲載されている。ニュージャージー州の最大手紙「スター・レッジャー(Star Ledger)」は12月21日、『世界のワンダーズ中の正真正銘のワンダー』と題した記事を掲載した。記事では、新唐人テレビが主催したニューヨークでの公演を鑑賞し、100人余の舞踊家や音楽家やその他の出演者によって上演されたホリデー・ワンダーズは中国の伝統文化と西洋のクリスマス伝統と完璧に結びつけた公演だったと評する。

 ニュージャージー州メディアである「プリンストン・パケット(Princeton Packet)」は12月12日、「文化の復興」という記者のリポートを載せている。ニューヨークで行われたホリデー・ワンダーズは中国の古き芸術や音楽、舞踊そして哲学を復興しているものとしている。演出の衣装は古代の服装を手本とし、音楽は西洋音楽の技巧を東洋音楽と融合させるなど、ホリデー・ワンダーズの製作者は中国5千年歴史の真髄を巧みに現しているのである。

 
(記者・辛菲、翻訳・小林)


関連キーワード

関連特集

^