印刷版   

毎年五十数万人が訪れるジャイアンツ・コーズウエイ(Chris Furlong/Getty Images)

北アイルランド:気候変遷により浸食進むジャイアンツコーズウェイ

 【大紀元日本1月27日】北アイルランド北部の世界遺産「ジャンアンツ・コーズウエイ(巨人の石道)」が、気候変動の影響により立ち入り禁止にせざるを得ないという。ジャイアンツ・コーズウエイは、火山活動でできた4万もの六角形石柱群が並ぶ海岸線にある地域で、
ジャイアンツ・コーズウエイ=2005年5月28日(This image was originally posted to Flickr by code poet at http://www.flickr.com/photos/alphageek/20005235/. It was reviewed on 13:51, 26 November 2006 by FlickreviewR, and confirmed to be licensed under the terms of the cc-by-sa-2.0. )
1986年に世界遺産に登録された。

 管理する「英国ナショナル・トラスト」が21日に発表したところによると、もし海面上昇や暴風雨のレベルが上がれば、多くの観光客が訪れるこの世界遺産の風景は、海岸浸食と水害の影響を受け、脅威に晒されるという。

 さらに報告では、気候変動により、短期間(2020年まで)、暴風雨は日増しに多くなり、危機管理を要するようになる。中期間(2050年~2080年)には傾斜度の不安定や、崖の後退が進むとのこと。また、気候変動による海面上昇により大西洋岸では大きな波が多くなり、浸食面積も増加するという。

 長期間(2080年~2100年)で言えば、冬季に立ち入ることがますます難しくなり、様々な立ち入り方法を研究する必要性が出てくるとのこと。

 このジャイアンツ・コーズウエイは、アイルランド伝説の巨人フィン・マッコールに因んで付けられたもの。コーズウエイの石柱群が、巨人が蹴散らしたように見えることから名付けられたのだという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/01/27 08:45)  





■関連文章
  • アラスカ北極圏、海岸浸食で動物の生息地に影響=米研究(07/07/04)
  • 東シナ海の資源問題、協議加速で一致=日中首脳会談で安倍首相(07/06/09)
  • 日・EU、温室効果ガス半減を提案(07/06/06)
  • 米国、サミット宣言案で地球温暖化の緊急性訴える部分の削除要求(07/05/22)
  • 気候変動に関する国際会議、中国の要求で難航も(07/05/01)
  • IPCC:地球温暖化持続すれば、動植物が消え天災が増えると警告(07/04/08)
  • バリー・ボンズ、ルースを越える715本塁打(06/06/01)