印刷版   

1月24日、8月にオリンピック開催を控える北京の国際空港が、米経済誌フォーブスによる世界の空港のフライト定時離陸に関するランキングでワースト2位に。空港の責任者は反論。同空港で発着する飛行機、11日撮影(2008年 ロイター/David Gray)

五輪控える北京の空港、定時離陸率は世界ワースト2位=米誌

[北京 24日 ロイター] 8月にオリンピック開催を控える北京の国際空港が、米経済誌フォーブスによる世界の空港のフライト定時離陸に関するランキングで、ワースト2位に入った。同誌(電子版)が今月14日付でリポートを発表した。

 これに対し、新華社は23日、空港のゼネラルマネジャーが同空港発のフライトの定時離陸率は86.28%だと「公式な統計」を示し、フォーブス誌に書かれた33%を大きく上回っていると主張したと報じた。

 フォーブスでは、「主として」フライト情報を追跡するFlightStatsのデータを基に世界100以上の空港を調査し、2006年の利用者が1000万人以上だった空港に限って順位付けをしたとしている。

 ワースト1位はブラジルの首都ブラジリアの空港だった。

 (08/01/24 16:17)  





■関連文章
  • 中国でポルノ取り締まり、4.4万サイトを閉鎖(08/01/24)
  • 北京五輪が直面する難題、食品の安全性(08/01/24)
  • 北京五輪「8888」に隠れている天意(08/01/23)
  • 五輪控え再開発進む北京、さらに数千世帯が移転へ(08/01/10)
  • 北京五輪チャンネル記者会見、名キャスター夫婦の不倫披露宴に(08/01/07)
  • 北京五輪で法輪功が禁じられたことに対する声明=CIPFG(07/11/18)
  • 米マラソン実力選手 北京五輪の選抜試合に倒れ死亡 (07/11/04)
  • シンポジウム「中国の人権状況と北京五輪」:人権聖火の成功目指し、世論形成に熱い議論(07/10/29)
  • 北京五輪投入資金20億ドルに、保安対策増強(07/10/25)
  • 10月27日午後2時半シンポジウム「中国の人権状況と北京五輪」(07/10/22)
  • 中国26歳女性がアジア一の大富豪に=Forbes誌アジア長者番付(07/10/11)
  • フランス:北京五輪ボイコット団体、中国大使館前で集会(07/10/08)
  • フォーブス誌の米長者番付、ゲイツ氏が14年連続首位(07/09/21)
  • 那覇空港の中華航空機炎上、乗客全員脱出・乗員の生存も確認(07/08/20)
  • 8月10日午後6時から横浜で、「グローバル人権聖火リレー」決起集会のお知らせ(07/08/06)