印刷版   

1月17日、鳥インフルエンザが確認されたインド東部では、住民たちが飼育しているニワトリなどの処分に抵抗している。写真はコルカタの市場で撮影したニワトリ(2008年 ロイター/Jayanta Shaw)

インドの鳥インフルエンザ、住民が鳥の処分に抵抗

[コルカタ(インド) 17日 ロイター] 高病原性の「H5N1型」鳥インフルエンザが確認されたインド東部では、住民たちが飼育しているニワトリやアヒルの処分を拒否し、感染拡大を防ごうとする当局者の試みの妨げになっている。

 今回の鳥インフルエンザ発生に関しては、世界保健機構(WHO)が同国史上最悪とみており、当局者は西ベンガル州の3つの地区で、まん延防止に必要とされる衛生状態の監視を試みているが、住民を説得するのに苦労している。

 発生地となった村の住民は、ロイターのカメラマンに対し、飼っている鳥は感染していないと主張。当局者が捕獲して処理できないよう、アヒルやニワトリを逃がしたとしている。

 西ベンガル州の保健当局者は、住民の反対により、鳥の処理に遅れが出ていると認めたものの、今後作業を加速させるとの意向を示した。

 同州の当局者は16日、40万羽を処理するのに最大で1週間かかる見込みと述べたが、1日の作業で数千羽しか処理できなかったという。

 (08/01/18 05:13)  





■関連文章
  • インド北東部で5万羽鶏大量死、鳥インフルエンザ感染の疑い(08/01/16)
  • インドネシアで10代少女、鳥インフルで死亡(08/01/15)
  • スハルト元大統領、病状は「非常に危険」=医師団(08/01/13)
  • インド首相の訪中、ライバル中国と共通認識を模索か(08/01/12)
  • タタ・モーターズ、世界最低価格車「ナノ」発表(08/01/11)
  • 中国の男性、息子から鳥インフルエンザに感染した可能性(08/01/11)
  • ブット元首相暗殺が残す疑惑=ムシャラフ政権と中国の関係(08/01/05)
  • イスラエルで鶏から鳥インフルエンザウイルスH5N1確認(08/01/04)
  • 寒気で数十人凍死=インド北部(08/01/03)
  • インド最大手グループ企業、世界一低価格小型車発表(08/01/02)
  • 3度目鳥インフルエンザ感染発生、50万羽家禽処分=ロシア(07/12/15)
  • 中国江蘇省で2人目の鳥インフルエンザ感染者(07/12/09)
  • 男性が鳥インフルエンザ感染死=中国江蘇省(07/12/08)
  • 中国解放軍、印・中国境インド歩哨所破壊(07/12/03)
  • サウジアラビア:鳥インフルエンザ感染阻止、家禽350万羽処分(07/11/24)