印刷版   

厳しい冬季干ばつ、11万人の飲用水が不足=中国広東省茂名市

 【大紀元日本1月3日】中国広東省南西部の茂名市では最近、局地性の冬季干ばつが発生し、農作物の被害だけではなく11万人の市民への飲用水の供給も難しくなってきている。

 香港「成報」によれば、広東省は現在乾燥と少雨の苦境に直面しており、北江清遠の上、下流の水位は100年来の最低記録となったという。

 広東茂名市三防事務所は、同市が今年、春、夏の連続した日照りであったこと、現在局地的な冬季干ばつに見舞われていることにより、これまでに全市の農作物が受けた干害面積はすでに80万畝(ムー)、約5万3336ヘクタールを超え、11万人以上の飲用水が不足していることを伝えた。

 茂名市の今年の累計平均降雨量は1343ミリ、他の年の同時期に比べ24・3%少なく、ダム貯水量は約78490万立方メートルで13・7%少ない。また、秋以来、ダムの貯水量は減少しており、全市41ヶ所の小型ダムが枯渇し、863ヶ所の山塘(山の中の池)も枯渇している。

 広東省はここ数ヶ月干ばつに悩まされており、粤北から南へ徐々に広まりつつある。さらに西へと広まっていく傾向があり、茂名市を含む13県市が影響を受け、全省で約300万畝、約20万ヘクタールの土地が干害を受けた。同省では53万人の飲用水に影響が出ており、降雨量不足のために多くの地方では作物が育たず、住民は数日に一度やっとシャワーを浴びられる状況だという

(翻訳・坂本)


 (08/01/03 06:11)  





■関連文章
  • 中国広東省:日系企業で大規模スト、地元メディア沈黙(07/12/24)
  • 2030年までに中国の水資源消尽=国務院発表(07/12/22)
  • 世界的観光地、桂林漓江が枯渇に直面=中国広西(07/12/21)
  • 長江流域の深刻な干ばつ、水量不足で船舶座礁相次ぐ(07/12/15)
  • 北京:9年連続の旱魃、河北の水で北京を支援(07/11/11)
  • 中国:人口百万都市の水不足が深刻(07/11/06)
  • 北朝鮮:石油不足が深刻化、軍輸送機数百機運航停止(07/11/02)
  • 中国広東省:河川の重金属汚染で「ガン村」に(07/10/30)
  • 睡眠の過不足で、死亡率が増加(07/10/12)
  • 中国広東省東莞:半年で400人近くの出稼ぎ労働者が自殺(07/09/25)
  • 鳥インフルエンザ感染でアヒル大量死、ウイルス変異か=中国広東省(07/09/19)
  • 中国広東省:鳥インフルエンザ感染の疑い、アヒル9800羽死亡(07/09/16)
  • 中国広東省汕尾:土地収用賠償問題、村民600人がデモ行進(07/09/11)
  • 中国広東省広州:ファーストフード店が値上げ、食事持参のホワイトカラーが急増(07/09/05)
  • 中国広州市、 粗悪偽ビール摘発(07/09/04)