印刷版   

日本の外務省前でプラカードやポスターを掲げる在日ビルマ人(Kazuhiro Nogi/AFP/Getty Images)

ビルマ:今なお逮捕者が続出=アムネスティ・インターナショナル

 【大紀元日本1月26日】ビルマ軍政権は、取り締まりは止めると国連特使に約束したにもかかわらず、11月以降、96人の活動家を逮捕した。アムネスティ・インターナショナルが25日に明らかにした。

 逮捕者の多くは、昨年9月の反軍事政権運動における血の圧制の証拠を海外に送ろうとした。少なくとも31人が殺害された。

 平和的な抗議運動に対して暴力的な取り締まりから4ヶ月が経過したが、不法な逮捕を止めるどころか、政府は取り締まりを強化したという。

 国連特使イブライム・ガンバリ氏が昨年11月にビルマを訪れ、国際社会の怒りを買い、欧米諸国の制裁措置の引き金になった取り締まりが終わるだろうとの確信を抱いたようだ。

 しかし、逮捕はまだ続いており、「軍政府の優先順位は、市民の口を封じることだ」とアムネスティは伝えている。

 少なくとも抗議者15人とその支援者らが、11月はじめから懲役刑が科されたという。また、拷問を受けた抑留者からの報告もある。

 アムネスティによれば、少なくとも700人が取り締まりで逮捕され、獄中の置かれている。また、80人以上が行方不明になっており、「強制的に失踪させられた可能性がある」としている。

 軍政府側によると、12月には3千人近くの逮捕者も、拘留されているのは80人だけだという。

(翻訳・月川)

 (08/01/26 10:34)  





■関連文章
  • 中国でポルノ取り締まり、4.4万サイトを閉鎖(08/01/24)
  • 英誌「エコノミスト」、北京五輪と中国人権問題シンポジウム開く(07/12/07)
  • 在日ビルマ人ら、中国総領事館に抗議=名古屋(07/11/29)
  • ドキュメンタリー 「チベット難民世代を超えた闘い」 上映会 (07/11/05)
  • ビルマ軍政武力弾圧、逮捕者3000人に(07/10/20)
  • 人権団体:ビルマ当局、新たに民主活動家を拘束(07/10/19)
  • ローマ市長補佐、北京五輪ボイコット提案=イタリア(07/10/18)
  • ビルマ・マンデラ州:中国領事館、銃撃される(07/10/13)
  • アムネスティ、ミャンマーに武器供給する中国を非難(07/10/04)
  • ミャンマーのデモについて(07/09/30)
  • ミャンマー:仏教僧侶が抗議活動(07/09/21)
  • デンマーク五輪委員会:北京五輪出場予定選手に、中国人権状況の情報提供を決定(07/09/09)
  • フランス外相、中国人権改善への努力を約束(07/09/04)
  • ドイツ首相:訪中前、人権問題提起を表明(07/08/26)
  • 北京五輪ボイコット、EU連合へ要請=EU議会副議長(07/08/13)