THE EPOCH TIMES

中国圧力に屈した米パサディナ市、新年祝賀パレードで「人権聖火リレー」の参加を拒否

2008年01月02日 04時52分
 【大紀元日本1月2日】米ロサンゼルス・パサディナ中国人権連盟は12月28日午前、カリフォルニア州ロサンゼルス郡のパサディナ市ヒルトンホテルにて記者会見を開き、CIPFG主催「人権聖火」が2008年1月1日に開催される第119回のローズ・パレードに参加しようとしたが、12月18日にパサディナ市に拒否されたことについて、その具体的な経緯を公開した。民主運動活動家・魏京生氏、パサディナ市議会のクリス・ホルドン議員、パサディナ人間関係委員会ケニス・ハーディ主席、パサディナ前市長ビル・パパリアン氏、五輪自由長距離競走発起人・陳凱氏および20以上のメディア関係者が記者会見に出席した。記者会見にて、魏氏は中国人権を非難したクリス・ホルドン議員およびケニス・ハーディ主席に対して、良知賞を授与し励ました。

 魏氏は記者会見で、「1週間前にブルサルのEU連合ビルで友人とコーヒーを飲んでいたときに、イタリア政治家にパサディナ市はどこにあるのかの質問に対して、私はもう少しで北京郊外にあると答えそうになった。何故なら、パサディナ市は北京の指示に従うからだ」と皮肉った。この話は会場の人々の爆笑を誘った。

 ローズ・パレードの主催者パサディナ市政府は元々「人権聖火リレー」のパレードを許可していた。すなわち、北京五輪を宣伝する中国側のフロート出場する1時間前に「人権聖火リレー」に因むリレー・セレモニーを行うことだったが、北京側からの圧力によって「安全を考慮する」理由で取り消しされた。これに対して、「人権聖火リレー」側は市政府に対して何度も抗議・交渉し、中国側の出場する1分前の7時59分に簡単な人権行進することを提案したが、これも拒否された。

 魏氏は、ロサンゼルスの政府関係者の中に「北京の圧力に対抗し、中国の人権問題を人権報告書に盛り込もうと努力するケニス・ハーディ氏および中国の人権問題のために、北京指令に従うロサンゼルス市政府議員と激論したクリス・ホルドン氏を含めて、各方面からの情報でロサンゼルスの民衆およびメディアは真の米国精神を有していることを確認した」と強調し、パサディナ市政府の決定を非難した。

 実際、パサディナ市議会は10月29日にローズ・パレードの特別会議があった。会議では、人間関係委員会主席のケニス・ハーディ氏が各方面の聴取を纏めた人権報告書を提出した。報告の中で、「中国五輪宣伝のフロートを支援する南カリフォルニア州大学とカリフォルニア工科大学の中国人学生会メンバーが提出した「政治は五輪に関与してはならない」ことに対して、委員会は同調し、「中国政府が基本人権の蹂躙などに関心を寄せることが政治的観点だ」として、「人権聖火リレー」は政治に関与すると見なした。

 報告では、市政府に対して臨時委員会を設立し、中国人権問題をさらに考察する提案をした。しかし、すべての市議員がこの報告書を高く評価したにもかかわらず、市政府は提案されてことを何一つ受け入れなかったのだ。

 中国人権連盟、カリフォルニア州工学大学法輪功(ファールンゴン)クラブ主席・李建中さん、良知基金会主席・陳師衆氏、国境なき記者団のヨシ・山中氏、チベットの友のチェテン・ファンヌチャラス氏などがトーナメント・オブ・ローズ・アソシエイションおよび市政府と交渉を続け、各人権団体がそれぞれのスローガンを打ち出す「人権聖火リレー」のセレモニーの再開に努力すると意気込んでいる。

 中国人権連盟は記者会見で、2008年元旦に開催されるローズ・パレード期間中に、会場に集まった観衆らに、中国政府のフロートに対して全員が背を向ける運動を発起すると発表した。この運動は12月28日に芸術家協会の劉雅雅(リュウ・ヤヤ)さんがパサディナ市政府前の抗議活動で提案したもので、当日に「五つの手錠からなる五輪」を印刷してあるTシャツを観衆らに配布するという。

 パサディナ市政府は、クリスマスイブに発表したニュース・リリースでは、談判が終了したのは、人権連盟側が市政府の提案を断ったからだという。

 
(記者・劉菲、翻訳/編集・余靜)


関連キーワード

関連特集

^