印刷版   

1月14日、南極では過去10年、氷床の溶けるペースが速まっていることが研究者らの報告で明らかになった。写真は2006年12月、南極にある米マックマード基地付近で撮影(2008年 ロイター/Deborah Zabarenko)

南極の氷床、過去10年で溶けるペース速まる=研究者

[ワシントン 14日 ロイター] 南極では過去10年、氷床の溶けるペースが速まっていることが研究者らの報告で明らかになった。ジェット推進研究所のエリック・リグノー氏らが14日、人工衛星の観測データを使った調査結果を専門誌ネイチャージオサイエンスに発表した。

 研究者らは、2006年には南極の西岸で1320億トンの氷が消失したと推測。この数字は1996年には約830億トンだったという。また2006年には南極半島でも、約600億トンの氷がなくなったとしている。

 リグノー氏は電子メールでの取材に対し「(南極の氷溶解による)直接的な影響は、海面の上昇だろう」と指摘している。

 (08/01/15 17:38)  





■関連文章
  • 【コメディー】環境問題(08/01/05)
  • 氷河に潜む14万年前のウィルス(07/08/20)
  • 世界規模コンサート「ライブ・アース」、地球温暖化に関心呼びかける(07/07/11)
  • 南極洋深海で700種以上の未知の生物を発見(07/06/17)
  • 南極氷原の解氷、30年来最大規模(07/05/20)
  • NZの漁師、体重450キロの巨大イカを捕獲(07/02/23)
  • オゾンホール拡大、北米大陸相当(06/10/25)
  • 南極上空のオゾンホール、過去最大に近づく=世界気象機関(06/09/25)