印刷版   

中国、南部のエネルギー消費抑制に向け税還付の削減を計画

[香港 30日 ロイター] 中国は、同国南部の珠江デルタ地域の製造業者によるエネルギー消費を抑制するため、最大1000品目の製品について税還付の削減を計画している。30日付のサウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

 同紙は香港工業総会副会長の話として、税還付の削減は、2月7日から始まる旧正月の後に実施されると伝えた。

 中国では、寒波や干ばつ、輸送手段のまひなどで電力や石炭などの供給に支障をきたしており、過去数年で最悪のエネルギー

 (08/01/30 16:00)  





■関連文章
  • 中国国家発展改革委、インフレやエネルギー不足を懸念(08/01/28)
  • 中国で大雪被害、政府が緊急対策指示(08/01/28)
  • エネルギー生産国、ガス版OPEC設立を協議へ=カタール・エネルギー相(08/01/26)
  • 建築ラッシュで省エネ基準守られず=中国(08/01/14)
  • 離婚率増加も環境破壊の一因=米研究(08/01/03)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 仏:中国へ核技術提供、廃棄物の処理問題に懸念(07/11/30)
  • 中国各地炭鉱事故相次ぐ、死者7人、20数人(07/10/30)
  • ミャンマー情勢、鍵を握る中国(07/10/04)
  • 上海協力機構(SCO)首脳会議、中国側エネルギー確保重視(07/08/19)
  • ヒマラヤ山脈氷河融解が加速、20億人に影響(07/08/06)
  • スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問辞退を示唆   (07/07/29)
  • 中国、下期にエネルギー集約型産業などの成長を抑制へ(07/07/25)
  • 世界初の商用太陽エネルギー発電所=スペインセビリア(07/07/22)
  • エネルギーと水、食物の安定供給が人類最大の挑戦=米シンクタンク(07/07/16)