印刷版   

世界中で離婚率の増加により、家庭エネルギーの消費が増加、地球環境破壊の一因に(写真=AFP通信)

離婚率増加も環境破壊の一因=米研究

 【大紀元日本1月3日】米国ミシガン州大学研究者から発表された研究報告では、世界各地で離婚率の増加により、エネルギーと資源の利用効率が低下、水と電気などの消費量が増加することで、地球環境の悪化に加担していると指摘した。

 この研究報告によると、米国では離婚家庭の割合が、1970年の5%から2000年の15%にまで跳ね上がった。さらに中国では、現在、かつての伝統文化の基準からは考えられないほど離婚率が増加している。離婚した夫婦は別々の家に住むことになる。これにより土地と家屋の必要量が多くなり、かつ戸数の増加により、一人当たりの資源利用効率が悪くなる。2005年、米国で離婚して別れて住む家族の一人当たりの水と電気の使用量は、一緒に生活している家族の人より56%高く、資源使用量も61%高くなっているという。

 もし、別れた家族の一人当たりのエネルギーの消費量は一緒に生活している家族の人と同じレベルになれば、米国では年間730億kW以上の電力と6270億ガロン(約23732億リットル)の水が節約できると研究者が指摘している。

 この研究は2001年~2005年の間、全米3283世帯を対象に行われたものである。研究者は、離婚率の上昇とともに、一人当たりの資源消費量が上がることにより固体、液体及び気体の廃棄物質、たとえば温室効果の原因になる気体などがより多く排出されるから、これは自然環境の悪化を加速する効果をもたらしていると指摘した。

(翻訳・坂本)


 (08/01/03 08:10)  





■関連文章
  • インド最大手グループ企業、世界一低価格小型車発表(08/01/02)
  • 中国景勝地・九寨溝、20年後消失か=専門家(07/12/30)
  • 中国天津:地元有力者の横暴ぶり、大学生らが抗議の暴動(07/12/30)
  • ローマ教皇、人類の私欲と環境の破壊に憂慮表明(07/12/28)
  • AFP社:最も印象的な写真2007(2)(07/12/22)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 仏:中国へ核技術提供、廃棄物の処理問題に懸念(07/11/30)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)
  • 中国三峡ダムは大災難もたらす=現地政府関係者認める(07/11/24)
  • 中国の環境汚染はGDPを消費=世界銀行(07/11/22)
  • 結婚5年目は離婚の危機=独リサーチ会社が報告(07/11/17)
  • 【文化論エッセイ】家督は、長女が継承した方がいいのではないか?(07/10/31)
  • 中国各地炭鉱事故相次ぐ、死者7人、20数人(07/10/30)
  • 北京五輪、大気汚染の改善は困難=国連報告書(07/10/27)