印刷版   

ベトナム・ホーチミン市の縫製工場=2006年11月(STR/AFP/Getty Images)

中国生産コスト急騰:台湾企業、ベトナムへの投資を拡大

 【大紀元日本2月4日】中国での生産コストが大幅に増加したため、ますます多くの台湾系企業が中国本土を離れ、東南アジア各国、特にベトナムに生産拠点を移し始めた。ウォールス・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は1月28日の報道の中で、台湾系企業が中国の代わりにベトナムに生産拠点を置く動きは今現在ごく一部だが、台湾系企業が中国にとって最も重要な投資先の一つであるため、台湾企業のその動きが非常に重要で、注意深く見つめるべきだ、と指摘した。

 中国商業部のデータによると、1989年から2007年11月まで、台湾企業からの直接投資受け入れ実行累計額は439・1億米ドル(約4兆6544億円)に達しており、香港、米国、日本、EUに次ぎ第5位となっている。

 WSJ紙によると、一部の台湾企業が生産拠点を中国からベトナムに移り始めたのは2007年下半期からだという。中国政府は2006年後半から景気過熱化を抑制するためにマクロ調整政策や金融引締め政策を実施し、また2007年に外資系企業を対象とする低課税優遇政策を取りやめ、税率を15%から25%に引き上げたことや、人民元の切り上げのため輸出コストも大幅に増加したこと、エネルギー不足も懸念することなどが、台湾企業が中国を離れベトナムへの投資を拡大させた理由として挙げられる。

 一方、ベトナムは2007年1月11日にWTOの150カ国目のメンバーとして正式加盟を果たした。その後、ベトナム政府は外資獲得に向けて外資系企業を対象に投資優遇政策を実施し、関税面での優遇措置も行った。そのため、世界の電子大手企業が相次いで同国に進出した。アメリカのインテルのほかに、台湾の鴻海精密(HONHAI)、仁宝電脳(COMPAL)、宏碁(acer)、群創光電(lnnolux)がベトナムで工場を設けた。その中に、ノートブック型パソコンの受託製造で世界第2位の仁宝電脳は今現在中国上海市昆山地区に工場を設けており、上海工場は同社の生産中心を担っている。しかし、仁宝電脳は中国国内の賃金や土地コスト上昇などの原因で、未来5年においてベトナムでの工場の生産能力を増強させ、2012年まで同工場での生産力をグループ全体の50%までに引き上げすると計画している。仁宝電脳の最大なライバル企業である、広達電脳(Quanta)も今月にベトナム或いは他の国で新たな工場を建設する計画を示した。

 
(記者・田 清/翻訳・張 哲)


 (08/02/04 12:04)  





■関連文章
  • 中国は台湾総統選挙には干渉せず=国務院・台湾事務弁公室(08/01/30)
  • 台湾、中国との経済関係強化に向けた計画を推進=地元紙(08/01/21)
  • 台湾副総統:「華人の真の文化が伝承できる」=新唐人テレビ主催公演(08/01/16)
  • 台湾立法院選挙:与党惨敗、党主席辞任(08/01/14)
  • 台湾の立法院選挙、最大野党の国民党が圧勝(08/01/13)
  • 米報告「イランの核兵器プロジェクト停止」、その真意(07/12/14)
  • ベトナム:領有権問題、学生が中国大使館前で抗議(07/12/13)
  • 台湾呂秀蓮副総統、法輪功学習者を狙った臓器狩り中止訴える(07/12/10)
  • 台湾:台中市内で大規模な脱党パレード(07/12/09)
  • 台湾台中市内、朝の風景(07/12/09)
  • 【台湾通信】日干しそば-「関廟麺」(07/12/08)
  • 独メルケル首相、ダライラマとの会見を肯定=独メディア支持(07/11/24)
  • 台湾・タイヤル族の婚礼儀式(07/11/23)
  • ベトナムのワニ飼育場、洪水により数百匹が脱走(07/11/13)
  • 台湾立法委員ら、大陸の臓器移植関与の医師らの入台禁止求める(07/11/03)