印刷版   

50年ぶりの大雪で、都市機能がまひした中国。死者192人、170万人が非難した。新学期を迎えた小中学校も1000校以上が開校していない=山西省の西安で(AFP)

雪害のため1000ヶ所以上の小中学校が開校できず=中国

 【大紀元日本2月26日】中国の小中学校の新学期が始まる2月25日、年明けからの深刻な雪害を受け、南方では1300ヶ所の小中学校が正常に開校出来ずにいる。

 中国教育部基礎教育局局長・姜沛民氏によると、今回の雪害では合わせて21の省、市、自治区が被災し、被災者の中には3万6千人の小学生が含まれ、影響を受けた児童・生徒は28万人を超えると伝えた。現在正常に開校出来ない学校は約1300ヶ所、その中の1000ヶ所近い学校は湖南省にあるという(北京「中国網」)。

 姜氏によると、中国教育部は被災した区の初期調査を行ったが、関連する補助や救済政策は具体的に決定していないという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/02/26 13:56)  





■関連文章
  • 中国の雪害について(08/02/23)
  • 雪害で森林10%が破壊=中国(08/02/22)
  • 貴州、湖南、雲南各省で、雪害による大停電(08/01/31)
  • 小中学校へ配布のDVD教材に「日本兵の百人斬り競争」や「南京大虐殺・犠牲者30万人」(07/08/21)