印刷版   

2月5日、中国当局、北京五輪を前に、スパイ罪に問われ懲役5年の判決を受けていた香港人記者の程翔氏(写真)を釈放。提供写真(2008年 ロイター/Hong Kong Journalist Association)

北京五輪:中国当局、スパイ罪で服役中の香港人記者を釈放

 [香港 5日 ロイター] 8月に予定されている北京五輪を前に、中国当局が5日、スパイ罪に問われ懲役5年の判決を受けていた香港人記者を釈放した。

 シンガポールのストレーツ・タイムズ紙の記者である程翔氏は、台湾に中国の機密情報を提供していたとして2005年4月に身柄を拘束された。その後体調を崩していると伝えられ、同氏の家族らは健康上の理由から早期の釈放を求めていた。

 中国外務省のスポークスマンは北京で行われた記者会見で、今回の措置が司法当局によるもので、中国政府の決定ではないとコメント。記者の釈放と中国の報道政策には何の関連性もないと述べた。

 パリに拠点を置く「国境なき記者団」によると、中国ではジャーナリスト35人、インターネットなどによる反体制派51人が服役している。

 (08/02/06 17:04)  





■関連文章
  • 北京五輪の深刻な支出の背後(08/02/05)
  • 五輪控える北京の空港、定時離陸率は世界ワースト2位=米誌(08/01/24)
  • 中国でポルノ取り締まり、4.4万サイトを閉鎖(08/01/24)
  • 北京五輪が直面する難題、食品の安全性(08/01/24)
  • 北京五輪「8888」に隠れている天意(08/01/23)
  • 五輪控え再開発進む北京、さらに数千世帯が移転へ(08/01/10)
  • 北京五輪チャンネル記者会見、名キャスター夫婦の不倫披露宴に(08/01/07)
  • 北京五輪で法輪功が禁じられたことに対する声明=CIPFG(07/11/18)
  • 米マラソン実力選手 北京五輪の選抜試合に倒れ死亡 (07/11/04)
  • シンポジウム「中国の人権状況と北京五輪」:人権聖火の成功目指し、世論形成に熱い議論(07/10/29)
  • 北京五輪投入資金20億ドルに、保安対策増強(07/10/25)
  • 10月27日午後2時半シンポジウム「中国の人権状況と北京五輪」(07/10/22)
  • フランス:北京五輪ボイコット団体、中国大使館前で集会(07/10/08)
  • 8月10日午後6時から横浜で、「グローバル人権聖火リレー」決起集会のお知らせ(07/08/06)
  • 五輪控え、北京の公衆トイレに付属する食べ物の売店撤去へ(07/08/06)