THE EPOCH TIMES

【神韻芸術】イベントプロデューサー「凹凸をつけたすばらしい演出」

2008年02月21日 12時31分
 【大紀元日本2月21日】神韻芸術団の大阪公演20日昼の部を鑑賞に、大阪府貝塚市から訪れた西前さんご夫妻に前半の部が終わっての感想をうかがうことができた。

 「前半の部で一番印象に残っていることは?」との質問に、西前さんは、「一言もしゃべらずに、音楽とともに体がリズムに乗って表現され、それが十分伝わってきて、すばらしかった。最後の太鼓も男性らしく勇壮で、「おっ」という単発の掛け声があるだけで、表現したいことが観客にぐっと伝わってきた」という。

 各種イベントのプロデュースをしているという西前さんは、いろいろなショーを下見に行った際、どのショーを何番目の何分から使おうとか、あの場面のイメージに合ったものはどれか、といったことを考えながら観ているそうで、今日の公演についても、「今の太鼓の演技でも、22人いたなとか、舞台の大きさの使い方などを見ていた」という。

 そして、全体の舞台構成についても、「最初のドライアイスに始まって、早くに歌を入れて、また途中に歌を入れて、見ているほうとしては、凹凸を付けられて、感激したり落ち着いたり、飽きないように工夫されていた」と感心していた。

 舞踊に関して奥様は、「とてもうつくしく、衣装もきれいな色を使っていて、見とれてしまった。軟らかいきれいな動きで、本当に天女のようだった」といい、西前さんも、「優しさがずーっと伝わってくる。私たちが外部から聞いている中国の人の印象と違って、今日実際に舞台に接してみると、むちゃくちゃ優しさということが伝わってきた」と感想を語ってくれた。

(記者・瀬戸)

関連キーワード

関連特集

^