印刷版   

パナマ:監獄で騒乱発生、2人死亡9人負傷

 【大紀元日本3月15日】パナマの監獄で13日、騒乱が発生し、囚人2人が死亡、7人が負傷した。

 報道によると、騒ぎが起きた監獄は首都パナマより西へ350kmに位置し、機動隊は催涙弾を使用し騒乱を鎮めた。また、死亡した2人は薬物販売により告訴されており、騒乱と組織犯罪の関連性は排除できない。

 現在、警察は騒乱発生の原因と2人を殺害した犯人を調べている。

 
(翻訳・坂本)


 (08/03/15 09:50)  





■関連文章
  • 【神韻芸術】演目の象徴性は最も美しい=駐日パナマ大使(08/02/16)
  • 中国:学生の騒乱相次ぐ、不満のはけ口か(07/09/26)
  • 退役軍人の騒乱:大陸社会危機の深化(07/09/26)
  • パナマ有毒シロップ事件:被害者家族、中国側に損害賠償を求める方針(07/07/20)
  • パナマ:中国製有毒シロップで被害拡大(07/06/22)
  • 中国産有害原料問題、世界各地に波及(07/05/15)
  • 中国、パナマ偽風邪薬中毒死事件との関連認める(07/05/12)
  • 中国、世界に蔓延するニセ薬の一大出所=NYT紙(07/05/09)
  • シンガポール:中国領事館前の座り込み抗議事件で判決拒否、上訴する法輪功学習者「法廷審(06/12/04)
  • 湖北省:公安が大学生に重傷を負わせ、騒乱が発生(06/09/30)
  • 中国出身の華人、ソロモン諸島から撤退(06/04/25)
  • 中共の危機意識、武装警察100万人に増強(06/01/15)
  • 浙江省汚染問題深刻化、万人暴動相次ぐ(05/07/25)
  • 青海省玉樹、疫病閉鎖地域で騒乱、軍隊が大量動員(05/07/25)