印刷版   

(中央テレビ局の生放送映像より)

北京五輪採火式、中国国営テレビ局の生放送に幽霊?

 【大紀元日本3月29日】北京五輪を通して国威宣揚と共産党当局の政権維持を狙い、中国国営の中央テレビ局・五輪チャネルは3月24日、ギリシャで行う北京五輪の点火儀式場面を生放送で中国全土に送った。しかし、北京市長がスピーチを始めた直後に発生した、儀式場に突入したフランスの「国境なき記者団」の抗議による騒動は、音声をカット映像も出席のVIPらに切り替えられ、中国国民には伝えられていない。

 昨年末に同チャネルの設立儀式で起きた司会者の妻が乱入して夫である司会者の不倫を全国中に暴露しながら、北京五輪は価値観が崩壊した中国には不適切だと揶揄した。この不祥事を教訓に、今回の点火儀式の生放送は、同チャネルが電波の伝送時間差を使って映像のフィルターリングを行っている。しかし、人間の計算は天の計算に及ばず、呪われたように、同テレビチャネルが放送したギリシャ人「巫女」が採火式を行うまで登場する場面に、ナチスドイツの将校を連想させる幽霊の姿が4秒間ほどはっきり映っている。目の錯覚と解釈しがちだが、奇妙にも「巫女」の進行を注視しているように見え、その顔は「巫女」の進行によって動いている。


 同映像は中央テレビ局五輪チャネルのサイトでも見られる(2分1秒ごろ、右側の「巫女」の右下に注目)。

 http://space.tv.cctv.com/act/video.jsp?videoId=VIDE1206355312284906

 中央テレビ局のウェブページから削除、または消された場合、動画投稿サイトYoumakerでも見られる。

 (2分50秒ごろ、画面右下に注目)

http://www.youmaker.com/

 ギリシャで行う夏オリンピックの採火式は、1936年にナチス・ドイツ時期のベルリン・オリンピックで初めて行われた。儀式場は昨年8月、森林の火災により被害を受けたが、その後修復された。虐殺者の血まみれの宴会として、ベルリン・オリンピックを想起させる北京五輪採火式に現れたナチスの亡霊は、まさか天が世界に送った一つの警告ではないだろうか。

 
(報道・肖 シンリ)


 (08/03/30 08:23)  





■関連文章
  • チェコ大統領、北京五輪開会式欠席を決意(08/03/29)
  • 中国広東省深セン市:北京五輪ボイコット・スローガンで逮捕(08/03/28)
  • 今週土曜日に緊急討論会「チベット虐殺から中国共産党と北京五輪を見る」(08/03/28)
  • 北京五輪聖火採火式、多くの抗議活動に遭遇(08/03/26)
  • 北京五輪期間中、天安門での生放送禁止か(08/03/23)
  • ポーランド議会、北京五輪参加の見直しを検討(08/03/22)
  • 世界各地のチベット人、北京五輪ボイコット叫ぶ(08/03/18)
  • 男子マラソン世界記録保持者、北京の大気汚染で競技不参加か(08/03/12)
  • 五輪でマナー向上目指す中国、飛び込み女王にも批判(08/02/27)
  • 北京五輪:中国当局、スパイ罪で服役中の香港人記者を釈放(08/02/06)
  • 北京五輪の深刻な支出の背後(08/02/05)
  • 五輪控える北京の空港、定時離陸率は世界ワースト2位=米誌(08/01/24)
  • 中国でポルノ取り締まり、4.4万サイトを閉鎖(08/01/24)
  • 北京五輪が直面する難題、食品の安全性(08/01/24)
  • 北京五輪「8888」に隠れている天意(08/01/23)