印刷版   


四川省ガパ県、虐殺されたチベット人=真実を語る遺体写真

 【大紀元日本3月22日】3月14日にラサで起きた中共軍によるチベット人虐殺事件後、16日でも隣の四川省ガパ地区でもチベット人の抗議事件が発生した。海外チベット人組織によると、ガパ抗議事件では少なくとも8人以上のチベット人が殺された。現地のキルティ寺の周辺で多くの死者の死体を写った写真が18日、ネット上で公表された。

 これらの写真を公表したフリーチベット組織によると、現地チベット人が命の危険に曝されながらも、電子メールを通してこれらの写真を外部に配信した。3つの遺体が確認され、僧侶のロサンタッシさん、チベット人ジニンさんとノブさんであることがわかった。

 16日夜及び17日昼に撮られたこれらの写真が、中共当局がラサでの虐殺後出した「自首通知」期限にならないうちに、ほかの地区で再びチベット人に対する虐殺が始まった真実を語っている。


 公表された遺体写真は、こちら(http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html)。
(読者の皆様へ)
 本紙は、写真に収められた犠牲者の皆様に哀悼の意を表します。チベット武力弾圧事件の真相にある中国共産党政府の暴虐性を明らかに示すため、これらの遺体写真の所在を公表します。読者の皆様の判断において、ご覧下さい。

 (08/03/22 00:16)  





■関連文章
  • 中国当局、チベット地区を軍事制御(08/03/21)
  • チベット虐殺、それでも北京五輪せい火リレー実行か(08/03/20)
  • 在外の中国民主活動家、連名公開状でチベット武力弾圧を非難(08/03/19)
  • 四川省でもチベット人抗議 死亡者3人(08/03/17)
  • 死亡者80人も=ダライ・ラマ、「文化的虐殺」と中共当局を非難(08/03/16)
  • 雪害、飢えと寒さでチベットカモシカ5000頭死亡=中国四川省(08/03/16)
  • スーダン・ダルフール問題:米俳優ジョージ・クルーニー、北京五輪協賛企業に協力呼びかけ(08/03/14)
  • 中国四川省:余震72回、強震周期11年からすでに32年経過(08/03/03)
  • 英チャールズ皇太子、北京五輪不参加(08/02/09)
  • チベット僧侶、中国当局の圧力により自殺か(08/01/24)
  • 中国景勝地・九寨溝、20年後消失か=専門家(07/12/30)
  • スーダン反政府勢力、中国など外国企業撤退要求(07/10/29)
  • ビルマ軍政武力弾圧、逮捕者3000人に(07/10/20)
  • 米億万長者、中国石油大株主を退く、ダルフル大量虐殺が原因か(07/10/17)
  • ミャンマー軍政、僧侶に強制寄進(07/10/10)