印刷版   

米人権報告記者会見に出席した米ライス国務長官(米国務院)

人権記録ワースト10から中国を排除、米政府に非難相次ぐ

 【大紀元日本3月17日】米国務院関係者は3月11日に公表した年度人権報告書で、中国を人権記録ワースト10国家から削除したことに対して、各界から米政府に非難が相次いだ。外界は、米政府が北京五輪主催の中国共産党(中共)政権に妥協し、中国をワースト10から削除したことは理知を失った行動だと指摘した。

 人権記録のワースト10国家の発表は、米国務院の年度人権報告において、最も重要で注目される部分。米紙「ワシントン・ポスト」3月12日の報道によると、アムネスティ・インターナショナルのアジア主任クマー氏は、「誠に残念だ。ブッシュ政権は中国共産党(中共)に対して、温和路線を取ったのだ」と語った。

 中国は2005年および2006年の人権報告の中では連続にしてワースト10入りした。今年は新たにシリア、ウズベキスタンおよびスーダンがワースト10入りした。

 2007年人権記録ワーストランキングのトップ10はそれぞれ、朝鮮、ミャンマー、イラン、シリア、ジンバブエ、キューバ、ベラルーシ、ウズベキスタン、エリトリアおよびスーダン。

 民主・人権および労働事務を担当する米国務長官補佐ジョナサン・ファラ氏は、中国がワースト10からなぜ排除されたかについてのコメントを控えた。

 人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」アジア主任のソフィー・リチャードソン氏は、「人権侵害を行っている多くの国は経済成長を遂げているが、人権の面において特別に分類する必要はない」と示し、米国務院に対して、中国をワースト10から取り除き、分類したことに別の目的があると指摘した。

 米議会が委託した人権記録調査報告は、これまでに世界中のほとんどの国における人権侵害および改善についての詳細が提出された。報告では、「中共政権は、中国の人権活動家、作家、記者および被告弁護士と家族たちを監禁、拘留、嫌がらせ、監視し続けている」と記し、「2007年、中共政権はインターネットに対してさらに厳しく封鎖・制御し、政府は言論の自由、報道の自由をさらに引き締めるようになった」と報告した。

 報告の中で、中共政権は法輪功(ファールンゴン)を含み、人民の宗教・信仰の自由を抑圧し、多くの宗教団体および政治活動家を拘禁していることを指摘した。

 
(記者・白玉、翻訳・余靜)


 (08/03/17 08:31)  





■関連文章
  • 中国製品、取引企業8割が不安(08/03/15)
  • スーダン・ダルフール問題:米俳優ジョージ・クルーニー、北京五輪協賛企業に協力呼びかけ(08/03/14)
  • 五輪競泳金メダリスト、IOCに中国の人権を呼び掛ける(08/03/13)
  • 男子マラソン世界記録保持者、北京の大気汚染で競技不参加か(08/03/12)
  • 北京五輪は「ジェノサイド・オリンピック」、五輪参加の公費使用禁止を提案=米下院議員(08/03/11)
  • 北京五輪前に、法輪功への迫害を停止させよう=世界100万人署名活動、始動(08/03/10)
  • 中国産医薬品原料使用、米国で19人死亡(08/03/10)
  • 北の保衛部幹部が脱北、党は射殺命令を発令(08/03/10)
  • 【なぜなに中国語】(10):この米国の都市は、どこですか?(08/03/09)
  • 人権聖火リレー、中国国内での伝達綱要を公表(08/03/09)
  • 米ヤフー個人情報漏洩、再び提訴される(08/03/08)
  • 中国国防費17・6%増、20年連続2桁(08/03/04)
  • スウェーデン:各界で北京五輪ボイコットの声高まる(08/03/04)
  • 北京五輪水不足解消プロジェクト急ピッチ、懸念されるその影響(08/03/04)
  • ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(19)「終戦」(08/03/03)