印刷版   

中共軍、チベット寺院を包囲=食糧を絶たれたラマ僧が餓死

 【大紀元日本3月29日】中共軍が今月14日からチベット入りし戒厳令を敷いて以来、平和抗議活動に参加した全ての寺院は包囲され、寺院の中にいる僧侶たちの水や食料の供給が断たれている。すでにラモチェ寺では僧侶が1人餓死していることが確認されている。

 チベット亡命政府は先日、チベットから届いた情報により、「ロサン・トメイ」という名の僧侶の遺体が26日に故郷の四川省甘孜州で火葬されたと発表した。

 亡命政府によると、「彼は23日に餓死し、遺体は25日に家に搬送された。彼の原籍は四川省甘孜州の江孜県で32歳であった」と話し、中共軍が半月間もチベット寺院を包囲し水、電気や食べ物を断ち外部からの供給を許さないために寺院内の僧侶たちの生活状況は非常に苦しいものになっていることを伝えた。

 「水・電気は全て断たれている。これほど長期間になれば寺院内では様々な方面において、条件が厳しくなり、外部からの食料の供給が出来ないために一部の僧侶には緊迫した状況が現れ、昨日最初の餓死者が出た」という。

 現在の最新情報では、少し前に中央政府が通達した「チベット人が2人以上で集まった場合、発砲してもよい」という指示により、ラサ市区ではチベット人がほとんど見られないという。

 「みな、表に出ることが出来ない。2人以上のチベット人なら発砲してもよいなどと公布すれば各家庭では1人で食料を買いに行くことしか出来ないから、大型のショッピングセンターやジョカン寺のような場所にチベット人はほとんどいない」という。

 チベット亡命政府最新によると、チベットではすでに140人のチベット人が虐殺され、500人が重傷を負い、1300人以上が逮捕され非人道的な扱いを受けているということが明らかになっている。

 
(翻訳・坂本)


 (08/03/29 13:43)  





■関連文章
  • 「当局はうそをついた」=ラサ僧侶の涙の抗議で失敗した取材ショー(08/03/29)
  • ラサ僧侶の涙:チベットに自由なし、当局はうそをついている(08/03/28)
  • 今週土曜日に緊急討論会「チベット虐殺から中国共産党と北京五輪を見る」(08/03/28)
  • 【3月29日緊急討論会 】 チベット虐殺から中国共産党と08年五輪を見る(08/03/27)
  • 「人権聖火」大陸入り、「同じ世界・同じ人権」を主張=香港宣誓集会(08/03/26)
  • チベット弾圧:チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動(08/03/24)
  • チベット人団体、五輪聖火採火場所で抗議デモ予定(08/03/24)
  • チベット武力弾圧:東京・六本木で市民らが中共に公憤の声「FREE TIBET!」(08/03/23)
  • 台湾新総統、北京に警告「台湾を香港・チベットと同じく扱ってはならない」(08/03/23)
  • 中共がチベット人に対する発砲を許可、増員兵がチベットに大挙(08/03/22)
  • 四川省ガパ県、虐殺されたチベット人=真実を語る遺体写真(08/03/22)
  • 中国:新疆・チベット間、M7.3の強い地震(08/03/21)
  • 草莽全国地方議員の会、チベット弾圧に抗議する六本木デモ(08/03/21)
  • チベット事件の本質:暴動ではなく、暴政への抵抗(08/03/21)
  • 中国当局、チベット地区を軍事制御(08/03/21)