THE EPOCH TIMES

人権聖火ドミニカ共和国に到着

2008年03月20日 10時24分
 【大紀元日本3月20日】人権聖火リレー活動はドミニカ共和国において1週間近く続けられた。人権聖火は南米での最初の地ペルーからドミニカ共和国に到着し、このあとメキシコへと向かう予定。

 ドミニカでは人権聖火点火式典が3月12日に首都のサント・ドミンゴにあるパルケ・コロン(コロンブス公園)にて行われた。聖火はアメリカ州柔道において2つの金メダルを獲得したヘイジ・ロドリゲス(Heydi Rodriguez)氏とアメリカ州空手金メダルの持ち主モデスト・ララ(Modesto Lara)氏が参加する聖火隊により市内を通過。この他、キリスト教青年団、キリスト教社団組織、民衆連盟、アルゼンチン学院代表、法輪功協会、大紀元時報および環境保護社団の支持を得た。サント・ドミンゴ市政府も各項目の援助をしている。

 ドミニカ人権聖火組織は、今回の活動は、さらに多くの人々にオリンピック開催国である中国が直ちに人権迫害を停止する行動を起こさなければならないことを知らしめるだろうと伝えた。ドミニカ共和国人権組織代表ドミンゴ・ポルフィリオ・ロヤス・ニーナ博士(Dr.Domingo Porfirio Rojas Nina)は皆に良心を呼び覚まし、中国で迫害を受ける人々、特に、法輪功修煉者に関心を持つよう呼びかけた。彼はさらにこの人権聖火が正義および人権、信仰、言論の自由、真、善、忍に対する尊敬を代表していることを強調した。

 ドミニカ共和国は数少ない中国共産党との国交がない国だ。中共は積極的な外交を推し進めているがドミニカは台湾との国交をしっかりと保持し続けている。
ドミニカ共和国人権組織社長ヴィルジリオ・アルマンザ(Virgilio Almanzar)氏(中)(大紀元)


アメリカ州柔道金メダリストのロドリゲス氏(左)とアメリカ州空手金メダリストのララ氏(大紀元)





 
(翻訳・坂本)


関連キーワード

関連特集

^