印刷版   

中国産ワインから基準値超える防腐剤=マカオ

 【大紀元日本3月4日】マカオ消費者委員会は2月29日、市場で30本のワインの抜き取り、試験サンプル中の防腐剤、重金属及び衛生状態の試験を行ったところ、山東省白洋河のワインから国家基準値の2倍を超える防腐剤とソルビン酸が検出されたため販売を停止させた。

 報道によると、香港食物安全センターと中国大陸当局は連携し、状況を確認した。消費委員会も加わった。

 専門家によれば、ソルビン酸は一般的によく使用される防腐剤で、喘息、麻疹或いは鼻膜炎の患者が大量に摂取した場合、悪影響があると言われている。

 ある香港のワイン販売業者は、香港ではこのワインは販売していないという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/03/04 14:31)  





■関連文章
  • 連日の低水温で150トン近くの養殖魚が凍死=香港(08/02/22)
  • 香港:アオサギから鳥インフルエンザH5N1感染を確認(08/02/19)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 中国大雪災害、SARS以来の公共危機=香港メディア(08/02/08)
  • 北京五輪:中国当局、スパイ罪で服役中の香港人記者を釈放(08/02/06)
  • 香港のソニーBMGなど音楽大手3社、中国の百度公司を著作権侵害で提訴(08/02/06)
  • 外資が大量に流出 空洞化に直面する東莞経済(08/01/16)
  • 香港:中国の法輪功への迫害停止求める「世界100万人署名」イベント始動(08/01/05)
  • 全人代常務委2012年の香港普選否決、民主派怒りの反発(08/01/05)
  • マカオ返還8年、民主求める大規模デモ(07/12/24)
  • 香港:上海産肉缶詰に発がん性物質、商品回収へ(07/12/13)
  • 珍しい「黄龍入海」現象=黄河河口(07/12/12)
  • 中国、米軍艦の香港寄港拒絶=裏に潜む中国最高指導部の権力闘争(07/12/08)
  • ドイツ検察、臓器移植斡旋業者を家宅捜査(07/11/20)
  • 中国知識人シンクタンク、香港民主の先行実施呼びかける(07/11/15)