印刷版   

東京で開かれた記者会見(大紀元)

国境なき記者団事務局長、北京五輪開会式ボイコット訴える

 【大紀元日本4月25日】北京五輪開会式ボイコットのキャンペーンを展開する「国境なき記者団」(本部・パリ)のロベール・メナール事務局長が4月25日、来日した。明日、長野で行われる北京五輪トーチリレーでは、中国当局に対し平和的に抗議活動を展開すると示した。

 明日長野で行われる北京五輪トーチリレーの話題性が高まる中、メナード氏の来日は多くのメディアの注目を浴びている。3月24日、メナード氏と国境なき記者団のメンバー二人が、ギリシャでの採火式で、チベット解放などのスローガンを掲げたことで逮捕された。そのため、入国審査で成田国際空港で身柄を一時拘束され、東京・外国人記者クラブの記者会見に遅れたが、会見場に入ると、テーブルに色とりどりのバッジをバッグから出し、
「自由」バッジを示すメナード氏(大紀元)
会場を埋め尽くした報道関係者らを驚かせた。

 中国の五輪開催に反対してきた「国境なき記者団」の経緯を簡単に紹介し、明日、長野では平和的な抗議活動を行うとし、漢字で「自由」と書かれたバッジを付け、採火式の際にも示した手錠五輪のTシャツと旗を示した。

 来日の目的は、来月6日に訪日する胡錦涛・中国国家主席に対して、チベットや中国の人権侵害の問題について、もっと「明確かつ強烈」に訴えるよう、福田首相に求めていくとし、「福田首相は、この問題についてもっと明確に、強烈に胡錦涛総書記に伝えてほしい。さらに、中国で囚われの身となっている反体制者らのリストを首相に渡すつもりだ。彼らが解放されなければ、北京五輪開会式には、出席しないでほしい」と述べた。

 メナード氏は、北京五輪まで100日しか残されていないことを強調し、中国の重要な経済的パートナーであり隣人だけに、言うべきことははっきり言うべきだと示した。

 さらに、同氏は、「国境なき記者団」は、政治的な団体でも、チベット組織などのものでもなく、「このキャンペーンのを始めた唯一の目的は、中国が約束した人権状況の改善を示していないからであり、民主国家の代表である日本にその責任を果たすよう促すつまりだ」と語った。

 また、ビルマで亡くなったジャーナリスト、長井健司さんについても言及した。

 抗議に参加するメンバーの数は明らかにしなかったが、五輪トーチに触れるなどの暴力的なものではなく、平和的に抗議するもので、「リレー沿道にできるだけ近づくつもりである」とした。

 明日のリレー報道の際や、中国に行った際には、持参した「自由」バッジを付けるよう勧めた。ジャーナリストの役割は、活動家になることではなく、報道することにあるのではないかという質問については、ジャーナリストは、報道をするのが仕事であるとしながらも、自ら行動するべき時もあるとした。中国での五輪報道は充分行えない状況だが、五輪中に起こったことはすべて報道すべきであるとし、「自由」バッジを身につけることで、「自分が今どこで報道しているのか」を思い起こし、真相を報道したことで逮捕・拘留されている中国人ジャーナリストたちに対するささやかな支持行為であるとした。

 「海外のジャーナリストの取材に応えたことで、実刑に処された」人権活動家の胡佳氏についても触れた。

 メナード氏は、中国の法輪功への深刻な迫害についても触れ、「これからは、中国の人権状況やチベットに関する出来事について、だれもがよく知るべきだ。中国がその経済力だけで人々に知られるようになる前に、その経済力の代償として、深刻な人権状況があることをだれもが知るべきだ。そうしたことを踏まえて、各国政府関係者は、北京五輪開会式に出席すべきかどうか、よく考えるべきだ」と訴えた。

 
(記者:シンリー・ショー、翻訳:藤川)

 (08/04/26 01:53)  





■関連文章
  • チベット留学生会、長野で記者会見(08/04/25)
  • 【文化論エッセイ】感謝の心(08/04/25)
  • 中国武装警察、チベット僧侶400人を拘束=ラサ市(08/04/22)
  • 独五輪柔道金メダリスト、北京五輪開幕式不参加(08/04/21)
  • 北京五輪建設の影に泣く北京市民=強制立ち退きの実態、死者年間200人超え(08/04/20)
  • インド五輪せい火リレー、コース距離大幅に縮める(08/04/19)
  • 在日中国大使館、五輪リレーの声援者を緊急動員か(08/04/19)
  • 外国人留学生、北京五輪期間中、中国にいてはいけない?(08/04/18)
  • 目に余る暴力的な行為、「せいか警備隊」の逮捕を示唆=豪州当局(08/04/18)
  • 中国秘密警察のリレー警備参加は誤り=ロンドン市長(08/04/17)
  • チベット人ロブサン氏:私は中国人女性障害者ランナーの襲撃者ではない(08/04/17)
  • 北京五輪せい火、アジア地区リレー開始=パキスタン、ルート公表せず(08/04/17)
  • 豪州:五輪せい火ルートから中国大使館前を外す(08/04/15)
  • 中共の五輪戦略(08/04/14)
  • 米議会「人権と五輪」シンポジウム、「民主訴求は五輪政治化ではない」(08/04/14)