印刷版   

NATOの首脳会議で発言するカナダのスティーブン・ハーパー首相は(by DANIEL MIHAILESCU/AFP/Getty Images)

カナダ首相、北京五輪開幕式に不参加

 【大紀元日本4月8日】カナダのスティーブン・ハーパー首相は4月3日に、中国共産党(中共)政府に対して、人権を尊重するよう呼びかけると同時に、2008年北京五輪の開幕式に参加する計画はないと明らかにした。ハーパー首相はルーマニアで開催された北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議期間中にこの内容を発表した。

 カナダテレビ局CTVの報道によるとハーパー首相は3日に再び中共に対して、人権を尊重するように呼びかけた。ハーパー首相は、カナダが2008年の北京五輪の開幕式をボイコットするかどうかを決めるのは時期尚早だとしたが、本人は開幕式に参加する計画はないと表明した。

 ハーパー首相は、カナダは政府上層幹部を北京五輪の開幕式に派遣する予定だが、「中共に対して、チベットだけではなく、中国のすべての場所における人権および平和請願を尊重するよう呼びかけ続ける」と強調した。

 ハーパー首相は中国政府に対して、中国は国際社会における影響が日増しに強くなっていることは、五輪開催を含めて、中国人権問題にますます多くの関心が寄せられることを理解してほしいと示した。

 ハーパー首相は、情勢が変えられなければ、国際社会は中共のチベットへの弾圧に対する憂慮を増すと示し、「中共がこれらの問題を厳粛に考慮するように強くよびかける。何故なら、目下の情勢が繰り返されるのなら、問題は消えるのではなく、さらに深刻になるからだ」と強調した。


 
(記者・藤冬育、翻訳/編集・余靜)


 (08/04/08 09:13)  





■関連文章
  • 人権聖火リレー:サンフランシスコ入り、国内外メディア注目(08/04/06)
  • 北京五輪せい火リレー:ロンドン通過、抗議多発(08/04/06)
  • パリ市長:五輪せい火を人権保護スローガンで迎える(08/04/06)
  • 英国自民党党首、北京五輪ボイコットを首相に呼びかける(08/04/06)
  • 中国四川省甘孜県抗議事件、チベット人8人が死亡(08/04/06)
  • 中国新疆少数民族政策失策、3月にも千人抗議(08/04/05)
  • 北京五輪時、中国での買い物に注意呼びかけ=米国当局(08/04/05)
  • 楊建利:人権聖火をきっかけに、中国共産党の本質を見極めよう(08/04/04)
  • ブラジル大統領、北京五輪開幕式不参加(08/04/04)
  • 「人権聖火」黒竜江省に現れる(08/04/03)
  • 相次ぐ各国首脳の五輪開幕式辞退=全世界で北京五輪参加見直しの潮流(08/04/03)
  • 人権聖火、米国到着(08/04/02)
  • 米下院議長、北京五輪せい火リレーボイコットを支持(08/04/01)
  • 「中国の少数民族には人権がない」=東京でチベット虐殺緊急討論会(08/03/31)
  • チベット・ラサで数百人が新たな抗議活動(08/03/31)