印刷版   

中国富裕層のワインブーム=写真は、2008年2月、北京のカルフール・ハイパーマーケットでワインを品定めする女性客(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)

ワイン27本を50万ドルで買った中国富豪

 【大紀元日本4月22日】世界市場の縮小に伴って、多くの消費者は節約しなければならない中、中国では高級ワイン対する需要は少しも影響を受けていなかった、北京のある富豪が最近50万ドルで赤ワインを27本も購入し、購買記録を更新した。

  ロンドンのワイン会社「アンティーク・ワイン・カンパニー」の統括マネージャーのウィリアムス氏は「今回の金額は単体取引の過去最高金額を更新した。購買目的は投資ではなく、飲むためだと思う」と述べた。

 この中国富豪が購入した赤ワインは年式が異なる「ロマネ・コンティ」。1978年産12本、1961年、1966年、1996年、2003年産が2本ずつ、1981年、1990年、1992年、1995年、1999年、2001年、2002年産が1本ずつ。

 ロマネ・コンティは世界でも希少な赤ワイン、年間生産量は450箱程度。

 この前に、同じくこの中国富豪は59880ドルの値段で1982年度のシャトー・ペトリュスを一箱購入した。

 ウィリアムス氏によると、今度の取引から、中国人の飲酒習慣が変わったことが見えるとし、アジア富豪がもたらした巨大な市場は重要視されるようになったという。

 そして、香港が2月末に40%の輸入税を取り消して以来、多くの香港富豪からの高級ワインの注文が一気に殺到、おかげで、一部フランス・ワインの価格は過去最高記録を更新した。

 最近香港でもっとも人気を呼んでいる赤ワインはシャトー ラフィット・ロートシルトである、一箱約1万9千円、二年前と比べて2倍ほど値上げした。ロンドン酒会社Berry Bros & Ruddのマネージャーは香港の輸入税金が取り消された3日後に、売上げは970万ドルに達した、その内の半分は香港と中国からであるという。

 ロンドンのワイン取引商Bordeaux Indexも、香港の輸入税が免除になり、香港への出荷が増えたとし、今年香港への出荷金額は3960万ドル見込みとなっているという。

 
(翻訳・侍傑)


 (08/04/22 09:22)  





■関連文章
  • イタリア:低品質ワイン事件、マフィアによるものか(08/04/07)
  • 中国産ワインから基準値超える防腐剤=マカオ(08/03/04)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • (再掲載)上海一の大富豪に16年の禁固刑(07/12/01)
  • 上海富豪起訴事案:内情知る人権弁護士、傍聴阻止される(07/10/30)
  • 中国26歳女性がアジア一の大富豪に=Forbes誌アジア長者番付(07/10/11)
  • 身の安全に巨額資金を注ぐ中国富豪(07/09/12)
  • ワインは歯の健康に良い=イタリア(07/07/19)
  • フォーブス誌、中国富豪慈善ランキング中止(07/05/14)
  • アジアの女性大富豪ニーナ・ワン氏が死去(07/04/05)
  • 仏パリ空港:謎の中国人、高級洋酒3本360万円で購入(07/03/26)
  • 中国成都市:資産家2人、タリウム中毒(07/01/16)
  • 【バンクーバー通信】BCワインとアイスワイン(06/11/25)
  • しょうゆに赤ワイン上回る抗酸化作用あり(06/06/04)
  • 中国大富豪の豪邸ブーム(05/07/17)