印刷版   

棚氷が割れてできた「氷の島」、海岸線の地形を徹底的に変えた(Getty Images)

北極圏棚氷に大規模亀裂発生、溶解進行の懸念

 【大紀元日本5月26日】カナダ軍部による科学者らと共同に探検式研究プロジェクトで、北極圏の棚氷に新しい亀裂を発見し劇的な証拠を入手した。今回は、研究チームがカナダ北部の巨大な氷河の状況を探測したときに、新しい割れ目を発見した。

 BBCによると、研究チームはカナダ北部最大のワード・ハント棚氷で一連の亀裂を発見し、最長のものは16キロメートルにも達したという。これらの巨大氷の趨勢は気象変化の重要な指標とされている。

 今回の研究チームに参加したオンタリオ州トロント大学のムラ博士は、これらの新しい亀裂に驚かされたとし、「氷河が解体していることを意味するのだ。それらはパズルのように同じ枠の中に並んでいるが外れることもある」と説明した。

 一方、オタワ大学のカプラン博士によると、新しい亀裂は北極圏の変化と合致するという。カプラン博士は、「氷河の後退から、海上の浮氷の溶解まで、我々は非常に劇的な変化を目撃している」と示し、「昨年の場合、海上浮氷はこれまでに比べて23%が減少した。氷河における変化が全体の状況を示している」と分析した。

 研究チームは、氷河が崩れ、割れた後に陸地を離れ、海へ流れて「氷の島」と化し、海岸線の地形を徹底的に変えてしまうことを示した。

 ムラ博士およびカプラン博士は昨年、体積がニューヨーク・マンハッタンに相当する「アイリス氷の島」を初めて探検した。この島はその後2つに割れ、南へ640キロメートル離れたところに流れ出た。

 一方、北極圏の急速な変化は、再び領土主権争議を引き起こした。カナダ軍部の探検活動は「主権巡回」を示すもとだとみられ、カナダの国旗を飾った多くのスノー・モービルがこの地区をコントロールしていることを見せ示している。

 現在の氷河の面積は長期的な平均値に比べると低い値を示しており、昨年、北極圏で大規模の氷河溶解発生後、人々は今年の海上浮氷の変化に注目している。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/05/26 09:20)  





■関連文章
  • 【神韻芸術祭】佛教芸術研究家、佛様の天国世界に感動(08/05/20)
  • カナダ首相ら、法輪功の記念日に祝賀状(08/05/14)
  • オリンピック開催前、中国当局による法輪功迫害を非難=カナダ(08/05/12)
  • ニュージーランド最大の氷河、完全消失の危機(08/04/27)
  • カナダ・ホッキョクグマ絶滅の危機に直面(08/04/22)
  • 地球を見る=10大衛星写真(08/04/13)
  • ブッシュ大統領、五輪開幕式不参加可能性排除しない(08/04/10)
  • カナダ首相、北京五輪開幕式に不参加(08/04/08)
  • カナダ大手玩具製造メーカー、中国製玩具240万個の回収を発表(08/03/20)
  • 「中国人権と2008五輪」フォーラム、国際要人ら100人が参加=台北(08/02/25)
  • 【神韻芸術】カナダ巡回公演、文化大臣ら政界重鎮が祝賀(08/02/03)
  • カナダのテレビ局、町から女性が消えたらどうなるか実験(08/01/26)
  • 恐怖から希望へ、明らかにされる本来の中国=マイケル・マホネン(08/01/19)
  • 【神韻芸術】「文化と道徳の価値観」を重視した芸術公演=カナダ・文学賞作家(08/01/15)
  • カナダの冬を満喫: 自然と温泉の旅(08/01/02)