THE EPOCH TIMES

中国広東省:深せんで民衆の抗議、頻発

2008年05月05日 14時16分
 【大紀元日本5月5日】4月23日から25日にかけて、香港に隣接する広東省深せんにある旧市政府の門及びその附近で、多くの抗議活動が発生した。23日の抗議活動には100人余りが参加した。参加者の年齢は、上は60歳の老人、下は20歳前後の青年と様々であった。抗議者は揃って黒のTシャツを着ており、シャツの前後に、「反貪(貧困反対)、維権(人権を守れ)、国資、流出」などの文字がプリントされていた。抗議者の群れは、市政府前の花壇の大半を取り囲んでいた。

 抗議の際、約40人余りの公安職員、私服警察が現場におり、うち数人が警察の階級章を着用していた。うち、一人がカメラを持って抗議者を逐一撮影していたが、双方に衝突は発生しなかった。

 近年来、中共の経済発展のアンバランス、資産配分のアンバランス、法制度によるコントロールが深刻に損なわれていることから、民衆の間に大量の冤罪事案が発生しており、これによって、中国特有の「直訴」の現象が発生している。

 直訴者は、北京において大量に発生しているのみならず、全国各省・市においても、常に発生しており、省市政府に対して抗議を行っている。

 24日、同じ地点で2グループの抗議者が出現した。一つは花壇の西、もう一つが花壇の東に座り込み、その人数は合計で100人余りであった。

 25日、深南大道において、一群の民衆がデモを行った。デモ隊は市政府に向かって西から東へと行進した。その人数は200人余りであった。行進は三々五々、隊列は100メートルに延びていた。多くの人々が三角形の小さな白旗を手に持ち、その旗には「私の家を返せ」と書かれていた。参加者には老若男女全てがおり、子供を抱いて参加する者もいた。多くの警察が、隊列の前後左右に随行していた。

 目撃者によると、深せん市政府の門前では、常に、抗議、直訴に訪れる人々の姿が見られ、その数は、ある時は数人、ある時は数十人で、一か月で約十回前後発生しているという。うち、規模が最大のものが、06年に発生したもので、新市政府において、200人が抗議に参加し、その際、多くの警察、武装警察、特別警察、私服警官が出動した。

 オリンピックを間近に控え、直訴者の存在は中国政府の頭痛の種となっている。多くの直訴者に係る事案が解決されないばかりか、長期の直訴によって逮捕され、労働教育の対象となり、多くの者がすでに財産を使い果たし、生死を度外視している。

 他方、政府、公安は、直訴者、抗議者に打撃を与え、これを妨害するために知恵を絞っている。公安内部からの情報によると、彼らが参加したある抗議の大規模な取締りにおいては、抗議者を包囲し、メガホンで、解散しなければ措置を取る旨の呼びかけを行った。しかし、これと同時に、公安職員は、誰も解放してはならないとの秘密の指令を受けていた。このため、抗議者が現場を立ち去ろうとすると、全てが道を阻まれ、逮捕されていった。

 
(記者・安娜、編集翻訳・飛燕)


関連キーワード

関連特集

^