印刷版   

警察がチベット人僧侶を射殺、警官も1人死亡

 【大紀元日本5月2日】中国公安当局は4月28日、チベットの安多果洛州の達日県で1人のチベット人僧侶を射殺した。その直後、怒り心頭の現地の民衆は公安警察と衝突し、その際に、1人の警官が流れ弾に撃たれ死亡した。

 中国当局の政府メディア・新華社も上記の僧侶射殺を報じた。先月中旬にチベットでの武力弾圧が始まって以来、当局が始めて民衆の射殺を認めた。

 ノルウェーの「チベットの声」ラジオの4月30日の報道によると、4月28日、中国公安当局が達日県でチベット人僧侶・曲多さんを逮捕しようとした。彼は現地の政府役場に掲げていた中国国旗を燃やしていたためである。その逮捕劇は、現地の僧侶と民衆の抵抗に遭った。その際に、警察がこの21歳の僧侶を射殺し、その遺体を強制押収した。曲多さんの父が後に逮捕されたとの情報もある。

 曲多さんが射殺された直後、現地の民衆の怒りが爆発、警察隊と衝突を起こした。もみ合いの最中に、警官隊隊長が銃に撃たれ死亡した。

 そのほかの現地からの情報によると、ラサ市のサラ寺の僧侶の大半は依然監禁されており、電話などの通信手段が封じられている。ほかの寺の状況もほぼ同様、電話が通じている寺でも盗聴されている。また、確認されただけで、武力弾圧後5人のチベット人は自殺、雑翁波寺の70歳の僧侶ソナンネンザさんは精神分裂症に陥った。

 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/05/02 10:44)  





■関連文章
  • 人権聖火:米NJでリレー、中国人留学生ら真相知る(08/05/01)
  • チベット武力弾圧:エベレスト一帯に武装警察3千人派遣(08/04/30)
  • 信州の静寂を切り裂く、二つのシュプレヒコール(08/04/26)
  • 五輪トーチリレー:韓国走者、不参加表明(08/04/26)
  • 米デューク大学各学生グループ、中国学生会の調査・廃止求める(08/04/26)
  • チベット留学生会、長野で記者会見(08/04/25)
  • 二人の中国人女性の体験―狂気のナショナリズム(08/04/24)
  • 悪いことも、アイデア次第で良い事に変わる(08/04/22)
  • 中国武装警察、チベット僧侶400人を拘束=ラサ市(08/04/22)
  • 「売国奴」呼ばわりされた中国人女子学生、事件の真相と決意を語る(08/04/21)
  • チベット支持の中国人留学生、同胞から恐喝・罵倒の嵐に遭う(08/04/21)
  • チベット亡命政府:中国青海省で百人以上が逮捕される(08/04/20)
  • チベット人ロブサン氏:私は中国人女性障害者ランナーの襲撃者ではない(08/04/17)
  • 中国大使、チベット弾圧非難の発言で途中退場=アイルランド(08/04/16)
  • 「慈悲の心」は、脳のトレーニング次第=米研究(08/04/15)