印刷版   

トウガラシ市場の火災 全住民が涙=インド

 【大紀元日本5月7日】インド南部アーンドラ・プラデーシュ州グントゥール県のトウガラシ市場で5月3日朝、火災が発生。数十万トンのトウガラシに火が燃え移り、全住民がトウガラシの煙にむせ、涙する事態が起きた。

 現地政府職員によると、十数万トンのトウガラシが燃えた後、街全体が辛味を含んだ空気に包まれ、多くの人が喉や目の具合が悪くなるという状況となった。消防隊が数時間にわたり消火活動を続けたが火は消えず、政府は住民に対し家から離れ広い場所に避難するよう指示するしかなかったという。

 ある政府職員の話では今回焼失したトウガラシは15万袋、火災の原因については調査中。

 
(翻訳・市村)


 (08/05/07 08:38)  





■関連文章
  • インド五輪せい火リレー、コース距離大幅に縮める(08/04/19)
  • 北京五輪せい火、アジア地区リレー開始=パキスタン、ルート公表せず(08/04/17)
  • 美容院で火災発生8人死亡=中国河北省(08/03/27)
  • チベット武力弾圧:中共軍は500人以上を殺害=インド紙(08/03/17)
  • 印政府に禁止された「帰郷運動」、印在住チベット人活動再開(08/03/16)
  • 中国:消費者物価の上昇とまらず、民衆に一層の圧力(08/03/15)
  • 空港従業員が民営化に反対し、スト=インド(08/03/13)
  • 吉林省:炭鉱火災で17人死亡(08/03/06)
  • 中国湖南省:森林火災で22人死亡(08/03/04)
  • 中国広東省深セン:ビル火災で15人死亡(08/02/28)
  • 米ニューヨーク州司法当局 死体闇市場を徹底捜査へ (08/02/25)
  • 震度7・5の地震発生3人死亡25人負傷=インドネシア(08/02/21)
  • 中国京珠高速道路で車両火災時事故発生、15人死亡25人負傷(08/02/19)
  • 世界経済の厳しさと市場混乱の長期化を意識させたG7、具体策は出ず(08/02/10)
  • インド:臓器密売組織の主犯格逮捕(08/02/10)