THE EPOCH TIMES

地震後、泉水が赤く変色=四川省

2008年05月15日 10時38分
 【大紀元日本5月15日】中国四川省達州市渠県龍潭風景区に「老龍洞」という泉水の名所がある。12日の大地震発生後、ここ2日ほど「老龍洞」から流れ出る水が赤錆色をしているという。

 現地村民の話では、12日午後2時半前後――ほとんど四川省汶川県でマグニチュード7・8の地震が発生したのと同時に「老龍洞」も“血”を流し始めたらしい。

 この現象は偶然ではなく、毎回大地震が起きる時に「老龍洞」からは赤錆色の水が流れ出るという。最も長かったのは1976年唐山大地震の時で、錆水が3日間続いたとのこと。この他に東南アジアの津波、台湾地震発生時、似たような現象が起きたという。

 
(翻訳・市村)


関連キーワード

関連特集

^