THE EPOCH TIMES

米NYフラッシングで千人集会、中国当局の捏造と暴力を非難

2008年06月03日 12時34分
 【大紀元日本6月3日】米ニューヨーク在住の法輪功学習者約1千人が先月31日、ニューヨークのフラッシング地区チャイナタウンで集会を開き、脱中国共産党運動への支援を再度強調すると共に、同運動に対して暴力や嫌がらせを繰り返す中国当局を強く非難した。

 5月中旬から、同地区では「脱党支援センター」のボランティアたち(その多くは法輪功学習者)に、現地中国人が脅迫・暴行を加えるという事件がほぼ毎日発生している。情報によると、一連の妨害行為の裏には中国領事館・彭克玉総領事が深く関与しているとみられ、同総領事が会話している電話の録音テープがネット上でも公開されている。

 この日も現場では、集会を妨害しようとプラカードを手に奇声を上げる華人が集まっていた。ある法輪功学習者によると、「理念なんか関係ない。あなたたちが日当100ドル出せば、私が中共を罵ってあげる。地獄の沙汰も金次第」と交渉を持ち込む華人もいたという。

 「全世界脱党支援センター」の責任者・高大維氏は、「今回の事件は、中共のやり方である暴力、つまり共産党文化を海外に輸出してきた例のひとつだ」と述べ、米国政府と議会に対し、本件に関与している中共の手下を国外退去させるよう、呼びかけている。

 
発言する高大維氏(大紀元)

米中部の法輪功佛学会の楊森会長は、「中共が陰で指揮している今回の暴力事件では、法輪功学習者は終始、殴られても殴り返さず、罵られても言い返さない、『真・善・忍』の態度を貫いた。それと対照的なのが、中共が雇った人たちだ。彼らの言動は、中国人のイメージを著しく損ない、民族の恥さらしだ」と述べた。

 
発言する楊森会長(大紀元)

大紀元時報の総編集者・郭軍氏は集会で、同新聞社のシカゴ事務所に白い粉が入った脅迫状が届いたことや、中共の工作員が現地の華人住民に扮して、大紀元時報の配達員や、法輪功学習者に暴力を振っていることなどを明らかにし、「大紀元時報は長い間、中国国内の知られざる真実を報道し続け、中共の弱みを鋭く突いている。そして、フラッシングで起きた今回の暴力事件も追跡・報道し続けており、それを恐れた中共が、大紀元を脅している」と述べた。

 
発言する大紀元時報の総編集長・郭軍氏(大紀元)

2008年元旦に設立された「中国暫定政府」(※)のトップ伍凡氏は、同政府はこれから、以下の3つの課題を調査すると説明した。①四川大地震の予報があったのかどうか、もし、あった場合、なぜ事前に公表されなかったのか②地震で全壊し、欠陥建築と指摘されている多くの校舎について、その原因を探り出し、責任の所在を追及する③国内外から集まった被災者への巨額募金について、その使途を監視・調査する。

 
発言する伍凡氏(大紀元)

法輪功について、伍凡氏は、「9年前、江沢民・元国家主席は法輪功弾圧を命じた。しかし、法輪功学習者は強い。彼らは正義を堅持し、強権に恐れることなく、名利に執着せずに淡々としているから強いのだ。彼らがそのような人たちであるのを知り、私も支持することを決心した。だから今日、ロサンゼルスからこの集会に駆けつけた」と述べた。

 
発言する魏京生氏(大紀元)

中国民主化運動のシンボル的存在で、かつて18年間監禁されていた民主活動家の魏京生氏はスピーチで、「中共は文化大革命を外国に持ち込んできた」と述べ、中共に雇われ、法輪功学習者を脅迫・暴行する中国人に対し、「あなたたちのこの行為が侵害しているのは、まさしく自分たちの権利でもある」と訴え、「法輪功の友人は天が中共を壊滅させる、と言っているが、実際には、中共は自滅していると私は確信する」と述べた。

 天国楽団約200人も集会に参加し、演奏を行った。現地の華人住民が拍手を送った。

 (※)中国暫定政府とは、「米国、オーストラリア、欧州など在住の華人が2008年1月1日、米国ニューヨークで設立した。その宗旨は、中共の独裁体制を平和的解体させ、未来中国に民主・自由・人権に基づいて憲政制度を確立させることである。総統の伍凡氏は今年72歳、米国在住の華人、1980年に米国に渡り、1982年に海外の中国民主化運動に参加し始め、経済学者と政治評論家でもある」

 
(記者・李梅、翻訳・編集/叶子)


関連キーワード

関連特集

^