印刷版   

香港島上環永楽街の浸水の様子。大部分の店舗は閉められている。ある海産物店の主人は大損害と話している(AFP)

暴雨で500ヶ所以上が浸水、2人死亡=香港

 【大紀元日本6月9日】連日の雨の後、香港では6月7日早朝から暴雨となり、雷が鳴り続けた。天文台は午前中に黒色暴風警告(黒雨)を発表。いたるところで浸水、交通麻痺が起きている。ニューテリトリーの屯門、旧珈琲湾のある住居兼商店が防土壁に押しつぶされ、中にいた夫婦が死亡した。幸い壁を隔てて住んでいた一家4人は避難が間に合った。避難した女性と逃げ遅れて死亡した女性は姉妹で、姉が生き埋めとなったことを知った妹はショックで泣き続けたという。

 付近の住民は事故発生時に大きな音を聞き、素手で泥山を掘ったが助けだすことは出来なかったという。

 消防隊員が現場に駆けつけ直ちに救助に当たり土砂を掘り続け、当局もクレーン車を出動させ土砂を移動する協力をして12時間経過した午後7時近く、2人を発見したが死亡が確認された。
ニューテリトリー屯門旧珈琲湾の住居兼商店が防土壁に押しつぶされ中にいた夫婦が死亡。写真は当局がクレーン車を出動させ土砂移動に協力しているところ(AFP)
消防隊員が救助に当たっている(AFP)


 *香港島、九龍、ニューテリトリー539ヶ所で浸水

 天文台が6日に黄色暴雨警告を出した後、香港では至る所で浸水し始め、7日の午後7時までに渠務署は合計539ヶ所から浸水報告を受けたと発表。それぞれ香港島では240ヶ所、九龍220ヶ所、ニューテリトリーでは79ヶ所。最も深刻な被害を受けたのはワンチャイを含む上環と北大嶼山(ランタオ島)。黒雨期間中、少なくとも16人の市民がケガを負い病院の診察を受けた。

 持続する暴雨は香港に深刻な影響を与え、当局の多くの部門は応急機制を発動し、学校と病院などの業務を停止し、執務停止などの措置をとった。
浸水したハッピーバレー競馬場(AFP)


 *海産物街は水深1m

 香港の多くの道路が浸水し交通に深刻な影響が出ている。セントラル、ワンチャイ一帯の交通はほとんど麻痺し、ワンチャイ、ハッピーバレーのレイトンロード一帯は水浸しになった。中でも上環永楽街の浸水がひどく、水深が1mに達した。大部分の店舗は閉められ、ある海産物店の主人は大変な損害だと話していたという。

 渠務署長・劉家強氏は、通称海味街と呼ばれる徳輔道西一帯は大雨で再び浸水した。主要原因は年間全雨量の15%に相当する強い雨に加え、昼ごろにちょうど大潮となったため海水が逆流したことによるものと伝えている。

 このため渠務署は32隊約200人の職員と外部作業員を派遣し、土砂で塞がったルートと溝渠の整理を行った。劉署長の話では、同署は午前5時22分に“上環水浸短訊服務”に登録しているユーザーに対し浸水情報を発し、予防措置を取り、損失を少なく出来るよう呼びかけたという。
上環の永楽街。水深は1mに達した(AFP)
上環の永楽街。浸水した通りを歩く住民(AFP)


 *空港道路閉鎖とフライト遅延

 北大嶼山(ランタオ島)道路に近い東涌(トンチュン)で土砂崩れが発生し、空港へ向かう高速道路が全線にわたって封鎖され多くの車両が足止めされた。水は自動車の屋根まで上昇し、消防隊員は、閉じ込められた人々が現場を離れることに協力するため直ちに駆け付けた。旅客はMTRと東涌線で空港に向かうしかなかった。多くの旅客が時間に間に合わずフライトを逃した。

 暴雨はさらにフライトに影響し、午後5時までに計345便のフライトが遅延し、6便が取消となった。

 ランタオ島(大嶼山)のタイオウ(大澳)で大雨による浸水で通信、ネットおよび移動電話サービスが中断したため電話が完全に繋がらなくなり“孤島”になってしまった。 電訊管理局と通信会社が協力し合い応急処置をしているが、いつごろ修復できるかは分かっていないという。

 このほか、タイオウでは通水管が破裂し、給水が一時停止していたが水務署職員が応急処置として住民のところまで船で臨時飲用水を届けた。
上環の永楽街。大部分の店舗は閉められている。ある海産物店の主人は大損害と話している(AFP)
浸水したコンビニエンスストア(AFP)
清掃員がゴミを片付け、通りの流れを良くしている(AFP)


 *1時間以内に記録開始以来最大雨量

 天文台は7日午前6時40分、黒色暴雨警告を発し、さらに8時から9時の間に145・5ミリの雨量を記録した。これは記録開始以来、1時間以内に降った雨量の最高記録である。終日香港の広範な地区では約200ミリメートルの降雨量を記録し、市街地及びランタオ島では300ミリを超える雨量を記録した。

 活発な気圧の谷の影響を受け香港では7日雷を伴った暴雨となった。雨脚が最も強かった明け方から午後6時までに304・8ミリの雨量を記録し、これは6月の一日の最高雨量第5位である。

 4時間後、天文台は徐々に暴雨警告を低くし、午後1時半には全ての暴雨警告を解除した。華南沿岸地区の低気圧の谷が弱まり、香港の雨脚も徐々に弱くなってきている。この先数日間には一時的な晴れ間が見えたり、急な雨が何度か降ると予想されている。
香港島の西環海傍の様子(AFP)


 
(翻訳・坂本)


 (08/06/09 08:37)  





■関連文章
  • ランタオ島、大雨により水電中断=香港(08/06/09)
  • カトリック香港司教「中国の極端な愛国主義は危険」(08/06/07)
  • 中国南部で暴雨続き、広東省3大河川に警戒線(08/06/04)
  • 四川大地震発生と同時期、中国各地で異常気象相次ぐ(08/05/16)
  • 五輪トーチリレー:香港民間団体、警察の対応を非難(08/05/10)
  • 中国広東省高要市:暴雨で浸水、被害甚大(08/05/07)
  • 中国各地で手足口病拡大、死者26人(08/05/07)
  • 五輪トーチリレー数百人の「赤シャツ」、平和デモ女子学生を包囲=香港(08/05/04)
  • 西貢で観光バス横転18人死亡44人負傷=香港(08/05/03)
  • 2008年上半期:広東・珠江デルタ地区、香港系企業4千社閉鎖(08/04/28)
  • 連日暴雨、大型山崩れ発生=中国湖北省(08/04/24)
  • 中国湖北省:暴雨による被害拡大(08/04/21)
  • 珠江デルタ:水土汚染により香港へ供給する野菜拠点を北へ移動(08/04/20)
  • 香港・マカオ市民、米買いだめ殺到(08/04/19)
  • 馬英九・次期台湾総統:香港市民は台湾へ、ノン・ビザの検討へ(08/04/17)