印刷版   

6月1日午後3時53分、砂塵が北方向から南に移動している様子

古都・西安:砂塵嵐通過をとらえた連続写真

 【大紀元日本6月6日】6月1日午後3時51分、27階の会社のオフィスにいた男性は、窓外に強くて異様な音が遠方から近づくのを気づいた。同時に、北側の窓がガタガタと揺れる音を発していた、「四川大地震が発生して間もないためか、この種の音に強い恐怖を感じた」という。

 男性によると、当時、北方向から、砂塵が地面から空の半ばまでに充満し、南方向に押し寄せてきた。男性はすぐに慌ててカメラを取り出し撮影し始め、ビルの屋上にも上がった。風が結構強かったが、砂塵の匂いはあまりしなかったという。約15分間停滞したあと、砂塵は南方向に過ぎ去り、天気も晴れだした。

 男性が撮影した写真は、次の通り。
6月1日午後3時55分、写真撮影者が所在するビルに砂塵が接近
午後3時57分、砂塵は南方向へ向かっている
午後3時58分、砂塵は去りつつあり、北方向に徐々に青い空が見えてくる
約23分後、砂塵は完全に通り過ぎた


(翻訳・編集/叶子)




 

 (08/06/05 08:36)  





■関連文章
  • 第17回党大会、民衆は無反応・無関心(07/10/17)
  • 中国西安:糧食支局職員300人以上解雇、上層部汚職の疑い(07/02/21)
  • 写真報道:AFP通信社2006年、世界珍奇写真特選(2)(06/12/19)
  • 西安市、最高気温を記録(06/06/19)
  • 黄砂に覆われる北京、砂漠化による損失は甚大(06/04/21)
  • 写真報道:全人代、全国政治協商会議、会場内外の光景(続)(06/03/13)
  • 写真報道:全人代、全国政治協商会議、会場外の光景(06/03/12)
  • 写真報道: 涙を呑んで、中国で活きよう(06/02/03)
  • 中国西安:教会が強制的に取り壊され、多数の負傷者(05/12/05)
  • 写真報道:断水が続くハルピン、市民の給水風景(05/11/26)
  • 中国:経済繁栄の裏に潜む貧困の影 (写真)(05/10/24)