印刷版   

6月19日、欧州理事会本部前で北京五輪ボイコットを呼びかけるRWBのメンバー(DOMINIQUE FAGET/AFP/Getty Images)

五輪報道自由の約束不履行で、中国当局を非難=国境なき記者団

 【大紀元日本6月27日】国際人権団体、国境なき記者団(RWB)は6月24日、中国当局が国際オリンピック委員会と交わした約束を履行していないと非難、チベットでの五輪トーチリレーの外国人記者の取材に厳しい制限を講じている、と指摘した。

  RWBによると、ごく少数の記者しか現地入りが許可されなかった。これらの記者と現地住民の接触が禁止されていた。

 RWBは、中国当局がオリンピックを政治化しないと約束していたが、結局、政治情勢が敏感な地域でリレーを行うのは、政治のための宣伝である、と指摘した。

 BBCがRWBのコメントを引用し、「これほど警備の厳しいオリンピックトーチリレーはこれまでに未経験。現地の住民は屋外に出ることを禁止された」「外国人記者がこれまでの関連の取材において、それほど多くの制限を受けたことがない」などと報じた。

 RWBは、中国当局のオリンピック憲章に違反する行動に対し、国際オリンピック委員会(IOC)が沈黙していると指摘、中国当局はこのリレーを自らの政治弾圧の口実にしていると非難した。

 BBCは、「6月21日同リレーがチベットのラサ市を経由する際に、約50人の外国人記者が現地での取材が許可された。そのほとんどは香港、アモイ、台湾の記者で、中国当局の審査により選ばれた人ばかり」と報じ、これらの外国人記者がラサ市に入ってから、一部の特定地域への進入が禁止され、しかも、すべての行動が警察と私服警官に監視され撮影されていた、などと伝えた。

 また、リレーの経由地、ウィグル族が居住する新疆ウィグル自治区では、外国人記者がさらに厳しい監視に遭ったという。「事前に様々の承諾を中国当局から得たが、現地でウィグル族への取材は依然禁止された」とBBCは明らかにした。

 BBCは、中国国内のメディアの関連報道の用語は非常に激高と指摘、チベット地区の共産党委員会の長が「ダライ・ラマ集団」と名指しで非難、「必ず彼らを消滅する」「中国の国旗は永遠にチベットの地に立つ」などと発言したことを挙げた。

 

 
(翻訳・編集/叶子)


 (08/06/27 08:12)  





■関連文章
  • グローバル人権聖火リレー、名古屋に到着(08/06/26)
  • 米国議会、北京五輪前の宗教弾圧報告会(08/06/26)
  • 北京五輪マスコットが悪魔に?(08/06/25)
  • 中国中央宣伝部、五輪報道で通達(08/06/25)
  • 北京五輪トーチリレー:厳戒のチベット、3時間で終了(08/06/24)
  • 新唐人衛星テレビ局アジア向放送が中断、中国当局の妨害か(08/06/23)
  • 人権聖火リレー大阪:雨の中、笑顔で「人権なくして北京五輪なし」(08/06/23)
  • 五輪期間、北京市の車両を半減(08/06/22)
  • 五輪中のハンセン病患者入国禁止、日本関連団体が中国側に相次いで抗議(08/06/22)
  • 人権聖火リレー長野:赤色軍団の悪夢を払拭、長野市民に花と笑顔(08/06/22)
  • 【グローバル人権聖火リレー】代々木野外ステージ SPECIAL LIVE(08/06/19)
  • 人権聖火リレー東京、人権弾圧のない北京五輪を!(08/06/18)
  • 韓国:五輪トーチリレーで逮捕された中国人留学生、起訴の可能性(08/06/18)
  • 豪州五輪陸上選手ら、大気汚染で開会式不参加表明(08/06/18)
  • チベットラマ僧に「愛国主義試験」合格を義務化(08/06/17)