印刷版   

下院議員のウルフ氏(前)、カクスト氏(左)、スミス氏(右)が6月11日米議会で記者会見を開き、中国からのハッカー侵入への警戒・防犯を強化するよう提案した(大紀元)

米下院議員ら中国のハッカー侵入公表、警戒呼びかける

 【大紀元日本6月14日】米国下院議員がこのほど、議会関係者のパソコンに中国からのハッカーが侵入していると発表した。6月11日午後、議員らが関連決議案を提出、すべての下院議員を対象に、警戒と防犯措置を取るよう求めた。

 6月11日、米国下院のベテラン議員、共和党のフランク・ウルフ(Frank Wolf)氏が国会で記者会見を開いた。2006年8月同議員事務所職員4人のパソコンは全部ハッカーに侵入された。後に、FBIから、ハッカーは中国からと告げられた、と同議員が会見の席で明らかにした。侵入されたパソコンには、同議員が長年かけて収集してきた中国人権問題の情報があり、中国政権異議者のデータも含まれているという。

 中国の人権に関心を示し続けているもう一人のベテラン議員クリス・スミス(Chris Smith)氏も同日に声明文を公表し、米議会人権委員会で使用する同議員のパソコンが2006年12月と2007年3月の二度にわたってハッカー攻撃を受けていたことを発表した。調査の結果、ハッカーのIPアドレスは中国からのものと判明したという。

 また、下院国際関係委員会の報道官リン・ウィル(Lynn Weil)氏は、同委員会のパソコンは、少なくとも一度は中国からのハッカー攻撃を受けたことがあると話した。

 昨年12月、カルロス・グティエレス商務長官が中国訪問の期間中に、同行の米政府関係者が所持するノートパソコンの情報が中国当局に複製・窃取されたとの疑いが浮上、いま、米国側が調査中とAP通信は6月初めに報道した。記者がこの件について質問したところ、同商務長官は、「私は国家安全の問題にコメントしない。ただ、いま、私が出張するときには、ノートパソコンを所持しないことにしている」と答えた。

 前述のフランク・ウルフ下院議員は、FBIからの説明として、下記の情報を明らかにした。「これまでに、その他の下院議員や、下院委員会の1台のパソコンにも、中国からのハッカー侵入が確認できた」という。

 同議員は、上院のパソコンも同様な攻撃を受けた可能性があると指摘し、自身はだいぶ前からハッカー侵入に気づいたが、米政府関係者には公表しないよう求められていたという。

 「この問題を明らかにしようとする人がいない。毎回、私が行動を起こそうとするときに、必ずだれかから『そうしないでください』と言われる」と同議員は話した。

 FBIとホワイトハウスは今回の発表に関するコメントを避けている。

 ウルフ議員は6月11日午後、関連の決議案を提出、下院議員全員にハッカー侵入への警戒・防犯を強化するよう求めた。「我々が皆、公でこの問題を議論しなければ、この国の安全をさらに悪化させてしまう」と同議員は行動の主旨を説明した。

 この決議案は議会審理で議員全員の支持を得て、下院行政管理委員会に提出された。

 

 
(記者・蕭陽、翻訳・編集/叶子)


 (08/06/14 07:34)  





■関連文章
  • 北京五輪直前、各国メディアが取材制限に直面(08/06/12)
  • 中国当局、米政府筋のパソコン情報の窃取を否認(08/06/10)
  • 生エイリアン、ビデオ初公開=米国(08/06/07)
  • 米ニューヨーク:中国総領事、中国人集団襲撃事件の策謀認める(08/05/24)
  • 中国トリュフイタリアへ侵入 現地種を脅かす(08/05/21)
  • 米政府・軍部で中国製海賊版コンピューター部品大量使用(08/05/15)
  • 米国:商業ミツバチ36%が死亡 作物の収穫に影響(08/05/13)
  • バイオディーゼル燃料、未来の燃料となるか(1)(08/05/09)
  • 米国メーカー、中国のコスト上昇で撤退考慮(08/05/04)
  • 窓に現れた、涙を流すイエス=米国フロリダ(08/04/19)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • 米議会「人権と五輪」シンポジウム、「民主訴求は五輪政治化ではない」(08/04/14)
  • 五輪トーチ中国人ランナーを攻撃したチベット人らしき男性、偽装か(08/04/14)
  • せい火リレーランナー、チベット旗を展開=米シスコ(08/04/10)
  • 北京五輪時、中国での買い物に注意呼びかけ=米国当局(08/04/05)