印刷版   


世界最高峰:エベレストの美しい顔

 【大紀元日本6月13日】エベレストは、ネパールではサガルマーター、チベットではチョモランマ、中国では聖母峰とも呼ばれているヒマラヤ山脈にある山で、海抜8848メートルで世界最高峰である。エベレストは高く聳えて雄大で迫力がある。半径20キロメートル範囲内で、山々が幾重も重なり合ってそそり立っている。因みに、エベレストは、1865年英国のヒマラヤ山脈を測量するインド測量局の職員が、先任測量局長ジョージ・エベレスト氏に因んで名称をつけたという。


 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/06/13 08:42)  





■関連文章
  • インド雨期 大雨による交通麻痺(08/06/11)
  • 鳥インフルエンザ感染確認、香港・中国家禽輸出入禁止=香港(08/06/09)
  • ロンドンで行われた天安門事件記念活動=英国(08/06/07)
  • 餌を探して民家に侵入するマレー熊=インドネシア(08/06/05)
  • エネルギー価格高騰で国民食“フィッシュ・アンド・チップス”に影響=英国(08/06/03)
  • DNA鑑定で、古代ギリシャ女性観に見直し=英国(08/06/03)
  • インドネシア沿岸に大潮、専門家が甚大な水害を警告(08/06/02)
  • 泥水噴出開始から二年、地球にできた大きな傷口=インドネシア(08/05/30)
  • 偽酒による中毒で47人死亡=インド(08/05/21)
  • 食卓に乗る「リスの料理」=英国(08/05/09)
  • コストゼロの生物燃料、実は高い大気汚染の代償=インド・ビハール州(08/05/07)
  • トウガラシ市場の火災 全住民が涙=インド(08/05/07)
  • チョモランマ大雪、五輪トーチ登頂リレー難航(08/05/05)
  • チベット武力弾圧:エベレスト一帯に武装警察3千人派遣(08/04/30)
  • インド五輪せい火リレー、コース距離大幅に縮める(08/04/19)