THE EPOCH TIMES

【エンタ・ノベル】麻雀の達人(3)-悪夢の追憶-

2008年06月19日 00時00分
 【大紀元日本6月19日】満福は、このところ悪夢に苛まれるようになっていた。20年前に麻雀の勝負で自殺に追い込んだ黒龍楼の店主が夢枕に立つようになったのだ。確かに、若い頃の満福は天分の盲牌と積み込みの裏技で快進撃を繰り返していたが、対戦相手の自殺は自らの慢性的な罪悪感として色濃く心に残っていた。しかも、それが毎晩のように夢枕に立って睡眠障害になるばかりか、昼間麺きりをしているときでも幻影として出てくるので、既にかなり精神的に弱っていた。

 -20年前-

 満福「黒龍楼の王さん…どうします?もう400万円以上も負けてますよ。店の権利書でも賭けないと、もうもちませんよ…」。血気にはやる満福は、黒龍楼の店主・王回竜を煽る。

 王は、賭けでかさんだ借金でひくにひけなくなっていて、頭に血が上り焦っていた。

 王「あと、せめて半荘一回だけ…あと…」。 

 しかし、泣きの南場の最終局で、親になった東家の王に大きな手が回ってきた。字牌一色のトイトイねらいで、既に「東」と「中」を泣き、手の内には「南」「北」がアンコになって、「發」の単騎待ちになっている。

 しかし、これは満福の罠であった。西家の満福はすでに面前で萬子純正の九蓮宝燈を積み込んで闇聴牌し、九面待ちの必勝体制に入っていた。

 王は、「一萬」をツモッた。中要牌ではないので危険度が少なく、負けてもいるし聴牌もしているので、運を天に任せてままよとツモ切りした。「ロン!…チューレンポウトウ…ダブル役満です…権利書はもらいましたよ…」。若かった満福は冷徹に言い放った。

 そして、その晩に黒龍楼の店主・王は、精神的に崩壊して鉄道に身投げして自殺した。

 その後、この出来事は満福の心中のトラウマとなり、その反動で結局は店の権利書を売却した大部分の金を関帝廟の再建資金として寄付したものの、そのわだかまりは罪悪感となってずっと残っていたのだった。

 満福は、すでに睡眠障害に加えて偏頭痛と嘔吐感に悩まされるようになり、摂食障害に陥ってぎすぎすに痩せ始めていた。おまけに昼間の営業中にまで幻影を見るようになったので、午後いつものように20年前の追憶を走馬灯のように繰り返すと、やはり関帝廟に参り、香をたむけて叩頭して拝んだ。

 「関帝さま…苦しいのです…20年前に麻雀の勝負で自殺に追い込んだ相手が夢枕に立つようになって…苦しいのです…何とかしていただきたいのです…」。

 満福は、自身のトラウマから来る苦しさと悔恨のあまり、関帝の膝元で頭を垂れたまま、あたりを憚らずハラハラと涙を落とした。すると、突如として港の方角から南東の突風が吹きつけ、大香炉の灰を天高く巻き上げた。

 「うわー、ぺっぺっ」。気がつくと、満福は全身に灰をかぶり真っ白になっていた。「拝んだ答えがこれか?全くついていない。弱り目に祟り目だな」。満福が全身の灰をはらって廟を出ると、すぐその山門前の雑踏の中で、後ろから声を掛けてきた。「満福楼の金さん…だな」。

 満福が振り向くと、雪駄にジャージ姿、パンチパーマにサングラス、小脇にセカンドバッグを抱えた尋常には見えない居丈夫が、黒い気を全身から発しながら、肉まんを頬張って立っている。

 (続く)
関連キーワード
^