印刷版   


新華社・胡錦涛青島視察報道写真、実は合成

 【大紀元日本7月27日】新華社は7月21日、中国の胡錦涛・国家主席が北京五輪セイリング競技の開催地である山東省青島(チンタオ)を視察するニュースを報道したが、海の近くに胡錦涛主席が外国ヨットチームのメンバーと交流する場面の報道写真は、実は合成写真であることがわかり、中国のインターネット掲示板上で話題となった。

 「双子写真事件」

 新華社21日付報道で、「胡錦涛主席が山東省青島で五輪準備と経済発展状況について視察し、外国のヨットチームメンバーと親しく話した」とする報道写真が掲載され、胡主席が海上のヨットの近くで外国人らしき人物と歓談している様子が写っている。この報道は、緑藻の大量発生問題で青島のヨットセール五輪会場で競技が行われないのではないかという噂を打ち消すのが狙いだった。

 しかし、写真の背景に、左側と右側2箇所で同じ人物(赤枠で囲まれた人物)が同時に現れていることが読者に発見され、写真はフォトショップで合成されたものであることがわかり、「双子写真事件」というキーワードでインターネット上の各掲示板で話題となっている。

 

さらに、左側の外国人コーチの頭上のボケはフォトショップで編集した際の消し痕であること、足元の地面部分は左側と右側は明らかに違うことも掲示板上などで指摘された。

 「双子写真事件」の発覚後、新華社は慌てて各報道機関に、写真使用禁止の通知を出したが、事件について説明や謝罪はなかった。

 新華社がなぜ写真を合成して出したのかについて、中共高層の内部闘争、五輪会場地の実情などについてさまざまな憶測が掲示板上で飛び交っている。これらの発言を削除する当局の作業も同時に進められており、イタチごっこの様相を呈している。 

 「六本足事件」

 新華社は、胡錦涛主席に関する報道でこのような写真の改ざんをよく行ってきた。ネットユーザーらは、新華社が以前に発表した胡錦涛の報道写真でも改ざんした証拠を発見した。

 今年5月、胡錦涛夫婦が天皇夫婦と会談する場面で、皇后と話している胡夫人の後ろに、上半身が見えない2本の足が写っており、「心霊」写真となってしまった。その原因は、何らかの理由で胡夫人の後ろに座っている通訳を消そうとしたが、編集のミスで上半身だけを消し下半身の足が残ってしまったと推測される。
右下の緑色の枠に注目


 この事件は、皇后と胡夫人の足を加えて二人で「六本の足事件」として中国のインターネット上話題となっていた。

 国家通信社である新華社でさえ、政治宣伝の需要で報道の真実性を裏切り、勝手に報道写真を改ざんするのなら、華南虎の偽装、貴州翁安地方政府の「腕立て伏せ」などの事件も起きて当然だろうとネットユーザーらは皮肉った。

 「胡鄧握手」写真の3つのバージョン

 胡錦涛が現在の国家主席の座に付いた運命を表明する一枚の写真も、中国報道機関で発表された際、それぞれ、PSで合成されたバージョンと合成されていないバージョンがあり、それは実に興味深い。
写真説明:「胡鄧」握手写真の3つのバージョン。上:「了望週刊」バージョン。左下:新華社バージョン。右下:「文汇報」バージョン。(アジア時報ウェッブサイトより)


 アジア時報2004年の報道によると、1992年10月、鄧小平が江沢民の後任を胡錦涛に指定しようとした。当時の中共14回全体大会で、鄧小平が胡錦涛を見つけ、みんなの前で胡と握手をした。この写真は、鄧小平が胡錦涛を未来の中共総書記として確認した印であると見られていた。

 しかし、この写真がはじめて社会に公表されたのは、12年後の2004年8月11日、胡錦涛が国家主席の座に付いた後、鄧小平百年誕生記念写真展の際だった。この写真は、香港紙「文汇報」に報道され掲載された。

 「文汇報」バージョンの写真は、胡錦涛、鄧小平、鄧小平の娘の三人しかおらず、背景には真っ黒だった。「文汇報」の報道によると、それは胡錦涛主席個人が保存したもので、写真展に寄せたものだった。

 しかし、胡錦涛主席にも分っているはずだが、この写真は、1992年当時の様子を正確に表現しておらず、すでに編集されたものである。

 一週間後、新華社がこの写真を始めて公表したが、「文汇報」バージョンと比べ、背景には大勢の人が入っていた。

 しかし、新華社バージョンも本当の写真ではなかった。当時の様子を写った本当の写真は、8月19日、新華社管轄の雑誌「了望週刊」で出されたバージョンだ。このバージョンでは、胡錦涛、鄧小平、鄧の娘以外に、江沢民および当時13回政治局常任委員全員および14回党大会の代表も入っており、鄧小平が胡錦涛に座を託する厳粛な雰囲気が伝わってくる。

(翻訳/編集 肖 シンリ)


 (08/07/27 15:31)  





■関連文章
  • 【北京コレクション】(12)北京に暮らす人々②(08/07/27)
  • 天安門事件写真掲載、「新京報」緊急回収=北京(08/07/27)
  • 北京五輪期間中、集会・デモ専用区開放=当局の真意は…(08/07/26)
  • 五輪前12モスクにスパイ潜入、ムスリム選手らを監視=北京(08/07/26)
  • チベット・ラサ:中共軍派遣増加、五輪直前の制圧を強化(08/07/26)
  • 北京五輪に向け全面規制開始、警察関係者数十万人北京に集結(08/07/25)
  • 五輪期間予約見込みはずれ、北京のホテル大ピンチ(08/07/25)
  • 【北京コレクション】(11)北京に暮らす人々①(08/07/24)
  • 雲南省昆明市:連続バス爆発事件、専門家は五輪警備の限界性を指摘(08/07/23)
  • 地下鉄爆発物騒ぎ,駅が一時封鎖=北京(08/07/22)
  • 北京:陳情者の連行相次ぐ、行方不明者も(08/07/21)
  • 五輪前直訴者一掃、死亡事故続発=北京(08/07/19)
  • 【オピニオン】北京市民の目に映る「北京五輪」(08/07/19)
  • 北京五輪目前、相変わらず北京の空は土曇り(08/07/18)
  • 中国青島:五輪ヨットセール会場、突如閉鎖(08/07/16)