印刷版   


北京:大気汚染改善ならず、選手団防塵マスク大量持参

 【大紀元日本7月30日】北京五輪開催まで10日を切った。当局は大気汚染をもたらした一部の工場を閉鎖させ、車両走行の規制を行ったにもかかわらず、北京の大気質量は依然として懸念される現状だ。

 環境保護団体の「グリーンピース」は7月28日、「北京五輪環境評価報告」を発表し、7月の最初の27日間、北京の大気は世界保健機関の基準に達したのはただの2日しかないと明らかにした。「グリーンピース」は、五輪開催期間中に大気がまだ基準に達していなければ、競技を延期するよう呼びかけた。また、専門家は、北京当局に対して、大気が持続的に悪化するようであれば、五輪期間中に北京を走行する車両の9割を制御するように提案した。

 「グリーンピース」項目総監督のルスチェン氏は、過去10年間、北京は環境改善するために1兆8480億円を投じたが、大気汚染の改善は未だに理想に近づいていないと指摘した。

 一方、海外の五輪選手は北京の大気汚染問題に対して懸念している。日本選手団の場合は、500個の防塵マスクを用意し、北京で実地練習時に着用することにしている。また、豪州「ヘラルド・サン」紙によると、豪州選手の3分の1は北京の大気汚染が競技成績に影響を与えると懸念し、4分の1の選手は酷暑を懸念しているという。これに対して、豪州オリンピック委員会は選手たちに体調を回復させるために、競技場現場付近に高度科学技術回復センターを設立した。北京の天候に適応してもらうために、水泳選手たちに保湿性マスク、鼻スプレー、目薬を配布するという。

 下記の写真は7月28日に撮影されたもの(Getty Images)
7月27日、どんよりとした大気の中の鳥の巣
7月27日、北京市内


 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/07/30 11:03)  





■関連文章
  • 中国国内で爆破テロ予告相次ぐ(08/07/30)
  • 北京の外来民工、五輪前に整理(08/07/29)
  • 北京五輪トーチリレー、史上最多の火が消えた記録(08/07/29)
  • 五輪トーチ到着前夜、大火災発生=中国河北省(08/07/29)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)
  • 法輪功弾圧停止求める署名121万人、国際オリンピック委員会に提出=CIPFG(08/07/28)
  • 五輪開催直前:米国下院、中国人権決議案提出(08/07/28)
  • 「中国台北」から「中華台北」に=五輪出場表示名称、台湾の抗議に北京が妥協(08/07/27)
  • 新華社・胡錦涛青島視察報道写真、実は合成(08/07/27)
  • 【北京コレクション】(12)北京に暮らす人々②(08/07/27)
  • 天安門事件写真掲載、「新京報」緊急回収=北京(08/07/27)
  • 北京五輪期間中、集会・デモ専用区開放=当局の真意は…(08/07/26)
  • 五輪前12モスクにスパイ潜入、ムスリム選手らを監視=北京(08/07/26)
  • チベット・ラサ:中共軍派遣増加、五輪直前の制圧を強化(08/07/26)
  • 北京五輪に向け全面規制開始、警察関係者数十万人北京に集結(08/07/25)