印刷版   


五輪トーチ到着前夜、大火災発生=中国河北省

 【大紀元日本7月29日】中国河北省・石家庄の紡績工場で7月28日、火災が発生し、燃えさかる炎が夜空を明るく照らした。火勢は何時間たっても衰えず、工場内の全施設はほとんどが焼失した。翌29日には北京五輪トーチ・リレーが石家庄に到着する予定で、「石家庄始まって以来最悪」といわれる今回の火災により、トーチが無事通過できるのか疑問の声が上がった。

 現場にいた民衆の話によると、火災は28日午後7時半ごろ発生し、同11時40分になっても大火は依然として燃え続けていた。その後火勢は徐々に弱まっていったが、火災の原因は依然として調査中であると新華社が伝えた。

 ネットユーザーによると、消防車が25台出動し、午後9時前後、綿6(石家庄第6紡績工場)はすでに3分の2が燃え、ほぼ全焼していた。工場が並ぶ石紡路には人があふれ、作業員たちが集まっていた。

 ネットの掲示板には、「今夜の大火災は、1時間以上燃え続けているがまだ消火されない。明日は北京五輪トーチがやってくる。“石家庄歴史以来最大の火災”で明日のトーチを迎えよう」という皮肉のコメントも見られた。

 石家庄は中国紡績工業の中心地であり、全市には約53ヶ所の紡績企業が存在し、およそ10万人の従業員を有している。火災が発生した石家庄紡績工場は元石家庄第6綿紡績工場で、中国共産党政権が樹立されてから、最初に建設された紡績工場。河北省にある100企業の中でも、最も大きな企業の一つだった。

 (写真:中国大陸ネットユーザーより)


 
(翻訳・坂本)


 (08/07/29 22:06)  





■関連文章
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)
  • 法輪功弾圧停止求める署名121万人、国際オリンピック委員会に提出=CIPFG(08/07/28)
  • 五輪開催直前:米国下院、中国人権決議案提出(08/07/28)
  • 「中国台北」から「中華台北」に=五輪出場表示名称、台湾の抗議に北京が妥協(08/07/27)
  • 新華社・胡錦涛青島視察報道写真、実は合成(08/07/27)
  • 【北京コレクション】(12)北京に暮らす人々②(08/07/27)
  • 天安門事件写真掲載、「新京報」緊急回収=北京(08/07/27)
  • 北京五輪期間中、集会・デモ専用区開放=当局の真意は…(08/07/26)
  • 五輪前12モスクにスパイ潜入、ムスリム選手らを監視=北京(08/07/26)
  • チベット・ラサ:中共軍派遣増加、五輪直前の制圧を強化(08/07/26)
  • 北京五輪に向け全面規制開始、警察関係者数十万人北京に集結(08/07/25)
  • 五輪期間予約見込みはずれ、北京のホテル大ピンチ(08/07/25)
  • 【北京コレクション】(11)北京に暮らす人々①(08/07/24)
  • 雲南省昆明市:連続バス爆発事件、専門家は五輪警備の限界性を指摘(08/07/23)
  • 地下鉄爆発物騒ぎ,駅が一時封鎖=北京(08/07/22)